2017.11.21

Long-Lost Leonardo Da Vinci Painting Sells For A Record $450m At Auction

美術史上最高額をたたき出した「最後のダ・ヴィンチ」とは ― その値段とモチーフは?

かつては英国王チャールズ1世が所有していたこともあるという、この絵画のオークション出品までの道のりは、そう平坦なものではなかった…。

美術史上最高額をたたき出した「最後のダ・ヴィンチ」とは ― その値段とモチーフは?
Photograph/ Associated Press

 
レオナルド・ダ・ヴィンチの名画、 
「サルバトール・ムンディ」

 2017年11月15日(米国時間)、ルネサンスの巨匠であるレオナルド・ダ・ヴィンチがキリストを描いた絵画がオークションに出展されました。すると価格はみるみるうちに上昇し、落札価格はなんと4億5000万ドル(約500億円)となったのです。 
 
 これは美術品のオークションや個人売買の価格としては、史上最高額となったそうです。 
 
 この絵画「サルバトール・ムンディ」(ラテン語で「世界の救世主」の意味)は、20枚足らずの現存するダ・ヴィンチによる絵画のうち、唯一の個人所有のもの。今回のオークションの主催は競売大手のクリスティーズで、現時点で買い手は明かされていません。 
 
 「『サルバトール・ムンディ』は、史上もっとも重要な芸術家が世界でもっとも伝説的な人物を描いた作品です」と、クリスティーズで戦後美術 & コンテンポラリーアート部門の共同代表を務めるロイク・ガウゼル氏は語っています。 
 
 「このような傑作を美術市場に出すことができるというのは、一生に一度の栄誉です」とガウゼル氏。 
 

01

写真:ダ・ヴィンチが描いた名作の1つである、「サルバトール・ムンディ」。Photograph/Getty Images 
 
 
 美術品のオークション落札額ではこれまで、2015年5月に今回と同じく米ニューヨークで競売にかけられたパブロ・ピカソの「アルジェの女たち」が、1億7900万ドル(約200億円)で最高額となっていました。 
 
 また個人売買では、2015年9月にヘッジファンドマネージャーのケネス・C・グリフィン氏が、デヴィッド・ゲフィン財団から3億ドル(約335億円)で購入したウィレム・デ・クーニングの「インターチェンジ」が最高額となっています。 
 
 今回のオークションは最低保証金額が1億ドルに設定され、7500万ドルから入札が開始されました。19分間のオークションは、その半ばで入札額が3億ドルを突破しました。オークションハウスギャラリー内では拍手と歓声が沸き起こり、最終的な落札額は4億ドルまで上昇。そうして史上最高となる、4億5000万ドルという落札額に。ちなみに買い手がオークション主催者に支払う手数料も、そこに含まれています。 
 
 縦約66cmのこの絵画は、1500年頃に制作されたもの。ルネサンス風のローブをまとって左手に水晶玉を持ち、祝福のために右手を上げるキリストの姿が描かれています。

1 2

編集者:山野井 俊

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      かに座

      かに座

      6/22~7/22

    • 2位

      うお座

      うお座

      2/19~3/20

    • 3位

      おとめ座

      おとめ座

      8/23~9/22

    今日の運勢は
    Page Top