2018.07.22

KENDAMA CHALLENGE

【けん玉チャレンジ】平野歩夢さんへ一問一答!

平野歩夢さんの「素顔」に迫るべく、一問一答のインタビューを決行! 今回は、「けん玉」に挑戦しながらご回答いただきました。果たして、平野さんの腕前は!?

【けん玉チャレンジ】平野歩夢さんへ一問一答!

 
AYUMU HIRANO 

 
・オフの日の過ごし方は? 
音楽聞いて家でまったりしてますね
 
・好きなミュージシャンは? 
昔からレゲエとかは好きで聞いてましたね
 
・尊敬している人は?
今は自分のことで結構いっぱいいっぱいで、自分の滑りだけを考えて、本当に自分がオリジナルで人にない滑りを求めている以上は、そういうの(ほかの人のことは)見ないようにしてますね
 
・一番のリラックス方法はなんですか?
うーんとそうですね、結構家でストレッチしながら音楽聞いて、体伸ばしてるときが結構多いんで、そういうときは一番安心します
 
・学校で体育以外に好きな科目はありましたか? 
音楽とか好きだったですね。苦手でしたけど
 
・自分の性格を一言でいうと? 
負けず嫌いですね
 
・最近大笑いしたのはいつですか? 
(撮影日の)昨日までアメリカ行ってて、あっちの生活で自分が滑りたい色んな人と生活して、楽しかったですね
 
・甘党ですか、辛党ですか?
甘いのそんな好きじゃないかもしれないですね、僕。どちらかというとしょっぱいのが好き
 
・猫派ですか、犬派ですか? 
いや、どっちもだめなんですよ(笑)
 
・地元の村上(新潟県)で好きなところはどんなところ?
村上っていったら山とか自然が多いから、海にもつながってて家からも近いしそれが自分がリラックスできてる環境なのかな
 
・試合前のルーティンとかありますか? 
そのときの環境にもよるんですけど、ストレッチと筋トレはやってから飯食って、滑るようにしてますね
 
・人生で一番緊張した場面はいつですか? 
あんま緊張しないんすけど、やっぱ初めて難しい技とかするの嫌ですね、死なないかなって
 
・今日から一生同じものしか食べれないとしたら何を食べますか?
寿司はいけそうですね(笑)
 
・自分の人生にタイトルをつけるとしたら?
タイトル、難しいな。ほんとずっと命に関わる競技で自分もそれを恐れているから「命」なのかもしれないですね

 
 

1 2

《関連記事》

平野歩夢「“横乗り業界”に今まで以上の伝説を残したい」
 
PROFILE
平野歩夢さん
…1998年、新潟県村上市生まれ。4歳のときに父親が携わるスケートパークで、スケートボードとスノーボードの練習を始める。15歳のとき、初出場のソチ・オリンピックで銀メダルを獲得(冬季オリンピックにおける日本人最年少記録)。Xゲームでは2度、バートングローバルオープンシリーズでは4度、ワールドカップでは1度、金メダルを手にしている。昨年から木下工務店を傘下に持つ木下グループと所属契約を結んでいる。

Photograph / Makoto Nakagawa(3rd) 
Photo Retouch / Antonio Pizzichino  
Styling / Babymix 
Hair & Make / Toshihiko Shingu(VRΛI) 
Text / Yukiko Yaguchi
Edit / Emiko Kuribayashi
Video / Mitsuhiro Kubo
Video Edit / Tusyoshi Hasegawa
Web / Hikaru SATO

Page Top