2018.08.29

監督降板により、次回作の内容が振り出しに戻る

ダニー・ボイル監督の降板で揺れる「007」シリーズ

「007」シリーズ次回作の製作は、多くの理由で困難な仕事になるとみられています。そしてこの段に来て、「ダニー・ボイル監督の降板」というショッキングな展開を迎えているのでした…。

ダニー・ボイル監督の降板で揺れる「007」シリーズ
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

 
Can James Bond Survive Losing Danny Boyle?

 「007」シリーズ最新作の「ボンド25(仮題)」は、「007 スペクター」(2015年公開)のときとは様変わりした英国で描かれることになるでしょう。 
 
 当時、デヴィッド・キャメロン首相の楽観的な目には、「ブレグジット」の投票に関しては取るに足らないイベントに過ぎなかったようです。が、「ボンド25(仮題)」がイギリスで公開予定となっている2019年の11月までには、実際に英国がEUを離脱してから、数カ月が経過しているはず。
 
 このころには、英国の国際政治における立場がどうなっているかは不確かですし、国民感情は敏感になっていることでしょう。 
 
 このような状況に加え、ジェームズ・ボンドという英国で最も有名なキャラクターが自らの能力を見せつけるのは、「#MeToo」後の世界なのです。
 
 「007」シリーズの保守的なファンが好むと好まざるとにかかわらず、若年世代の視聴者たちは感情を表に出さず、女好きで男らしいボンドというキャラクターにますます退屈し始めているのも事実。「洗練された白人男性が土壇場で逆転を収める」というストーリーは、現代の社会のムードには少しも調和していないわけです。

1 2 3 4

By Sam Parker on August 22, 2018
Photographs by SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved and Getty Images
ESQUIRE UK 原文(English)
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      やぎ座

      やぎ座

      12/22~1/19

    • 2位

      ふたご座

      ふたご座

      5/21~6/21

    • 3位

      みずがめ座

      みずがめ座

      1/20~2/18

    今日の運勢は
    Page Top