2018.04.10

ロッキーは不死身である!

S.スタローン、「クリード」シリーズ最新作の舞台裏動画を投稿

『CREED 2』(原題)は、『ロッキー4』と多くのつながりをもつ作品になりそうです。

S.スタローン、「クリード」シリーズ最新作の舞台裏動画を投稿
Getty Images

 
Sylvester Stallone Already Has 
Us Pretty Fired Up About Creed II

 「ロッキー」シリーズのリブート映画で、アカデミー賞ノミネート作品である『クリード チャンプを継ぐ男』の続編『CREED 2』(原題)の製作が順調に進んでいるようです。 

 
 最新作でも『クリード チャンプを継ぐ男』に引き続き、アドニス・クリード役をマイケル・B・ジョーダン、ロッキー・バルボア役をシルベスター・スタローンが演じます。2018年3月下旬、スタローンはこの製作の舞台裏を撮影した2つの動画を投稿しました。1つは彼がリング上に立っているもので、もう1つは彼がロッキー・トレーラーの前で語るものです。 
 

A new KING OF THE RING ... @creedmovie @mgm_studios  @wbcboxing @rockybalboa.1976 @slystalloneshop

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 -

 

 
 最新作は、スタローンが「ロッキー」シリーズのキャラクターをベースに、新たに書き下ろしたオリジナル脚本に基づくもの。このなかでクリードは、『ロッキー4/炎の友情』に登場した、ソ連の悪役ボクサーであるイワン・ドラゴの息子と対決。息子のコーチを務めるドラゴ役には、ドルフ・ラングレンが再び演じることになります。 
 

 

 

 ラングレンは以前、1985年の映画のキャラクターを再び演じることについて、「快諾はできなかった」と「ラスベガス・レビュージャーナル」紙に語っていました。 
 
 ラングレンは「(ドラゴ役は)1年ほど前にスタローンから提案されたことでした」とし、「そのときは快く受け入れることはできませんでした。もう30年前の映画ですから。イワン・ドラゴには過去に生きていて欲しかったんです。ですが、最新作の脚本は素晴らしいものでした。とにかく私に言えるのは、イワンが戻ってくるということです。このロシア人は、新たなチャレンジのためにカムバックするんです」とコメントしています。(次ページへつづく)

1 2

By Matt Miller on April 4, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE US 原文(English)
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      かに座

      かに座

      6/22~7/22

    • 2位

      うお座

      うお座

      2/19~3/20

    • 3位

      おとめ座

      おとめ座

      8/23~9/22

    今日の運勢は
    Page Top