2018.01.11

編集部注目のモノ・ヒト・コト

ウディ・アレンは、なぜグレタにそこまで嫌われたのか?

ウディ・アレンが監督を務めた映画『ローマでアモーレ』(2012年公開)に出演したことを、グレタ・ガーウィグは後悔しているそうです。なんで?
 

02greta-gerwig-regrets-woody-allen実thumb

Photograph / Getty Images
 
 
 今年のゴールデングローブ賞の授賞式で、初監督作品『Lady Bird(原題)』が作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞したグレタ・ガーウィグ。ハリウッドのセクハラ問題について、率直な心境を打ち明けたそうです。 
 
 米「ニューヨーク・タイムズ」紙に、ウディ・アレンやロマン・ポランスキーといった性的暴行疑惑のある映画監督たちについて聞かれたグレタは、「ウディ・アレンに関していうと、あくまでも私個人の意見だけど、もし、あのとき事実を知っていたら、彼の映画には出演していなかったと思う」と告白しました。(スライドページへつづく)
 

From ELLE UK
Photograph / Getty Images
Translation / Reiko Kuwabara
 
編集者:小川和繁

Page Top