2018.04.05

ウルヴァリンはコーヒー好き

H.ジャックマン、豪州コーヒー文化を米へ輸入していた!?

皆さんはヒュー・ジャックマンといえば、(映画「X-MEN」シリーズのスーパーヒーロー)ウルヴァリン役の俳優だとすぐに浮かぶでしょう。しかし、彼を甘くみてはいけません。そんな薄っぺらい男ではありません(演技だけでも十分厚いのですが…)。ジャックマンは「ラフィング・マン(Laughing Man)」というコーヒー会社の創業者・経営者。いわゆるニ足目のわらじも履いているのです。そして、彼は素晴らしい味のコーヒーを生み出すことに、大真面目で取り組んでいます。これもまた甘くないことなのです…。

 「キミが一度も飲んだことのないような、最高のフラットホワイトを飲まないか。バージンというのを教えてあげよう」
 
 ヒュー・ジャックマンはそう言って、私にコーヒーを注文してくれました。それもただのコーヒーではなく、フラットホワイト(オーストラリアやニュージーランドでポピュラーなエスプレッソとミルクを合わせて作るコーヒー)でした。 
 
 ただし、ふつうのフラットホワイトではなく、SXSWの会場にラフィング・マン(Laughing Man )が出店したポップアップカフェのフラットホワイトでした。ジャックマンと私がフラットホワイトの話をしていたのには、たくさんの理由があったのです。
 
 
>>>「ヒュージャックマンとコーヒーの軌跡」はこちらから!

ESQUIRE US 原文(English)
By Ben Boskovich
on March 17, 2018
Photograph / Getty Images
 
TRANSLATION / Hayashi Sakawa
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Shun YAMANOI, Mirei UCHIHORI

Page Top