2017.04.05

編集部注目のモノ・ヒト・コト

ヴィクトリア・ベッカムがあの番組でノリノリのカラオケを!

アメリカでカラオケといえば…、そう、
『ザ・レイト・レイト・ショー with ジェームズ・コーデン』。
名物企画「カープールカラオケ」にヴィクトリア登場です。 

ヴィクトリア・ベッカムがあの番組でノリノリのカラオケを!
しかも今回は、80年代のコメディ映画『マネキン』のパロディをオープニングで熱演したのでした。

 
Victoria Beckham

 「カープールカラオケ」といえば、司会のジェームズ・コーデンが運転する車にゲストが乗り込み、カラオケを熱唱するという大人気コーナーです。いままで、どれだけの大スターが同乗し、ここだけしか見ることのできない素の表情、見事なかけ合い、そして生歌までもが楽しめるのですから…。
 
 スパイス・ガール時代はPosh(ポッシュ=気取り屋)という愛称のとおり、ソロで歌うパートはほとんど無く、歌唱力よりもスタイルの良さがウリだったヴィクトリア。ミュージックビデオやインタビューでも笑顔を見せず、口数も少なかった彼女です。その時代の口パクも認めているヴィクトリアがどう歌うのか、そして普段笑わない彼女がどんな会話をするのか、たぶん全米中が固唾をのんで見守っていたでしょう。
 

Who knew fruit could be so scary?!? Got u @j_corden @latelateshow X VB

Victoria Beckhamさん(@victoriabeckham)がシェアした投稿 -

 
1 2 3 4

From Harper’s Bazaar UK
Translation/Reiko Kuwabara

Page Top