2018.05.28

【連載】ベストセラー作家・水野敬也の美女とのデートはお洒落が9割

作家・水野敬也が瀧本美織とデート!「正統派、美人女優から好印象を狙う時計作戦の巻」【後編】

『夢をかなえるゾウ』シリーズ売り上げ300万部、『人生はニャンとかなる!』シリーズ売り上げ200万部の、人気作家・水野敬也が、自身の最大の弱点「お洒落」に体当たりで臨む企画。日本で活躍する最高峰の美女たちに、水野のお洒落理論は通用するのか⁉
 
 
>>>「正統派、美人女優から好印象を狙う時計作戦の巻 【前編】」の続きです。

 
日本にオープンしたばかりの
新店で彼女を振り向かせる!
 

mc1806_mizu_06_01

瀧本美織さん(女優)…1991年生まれ。今年3月に通算上映回数1600回公演を記録した舞台『Endless SHOCK』や、テレビ朝日・帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』でヒロイン・越路吹雪の青年期を演じ、その歌声が話題になり大地真央さんと並び主題歌集が発売されるなど、女優としてさらに磨きをかけています。6月には山田洋次監督の舞台『マリウス』にも出演が決定。
 
 
 
 春らしいワンピースに身を包んだ彼女の美しさをたとえるなら――東京ミッドタウン日比谷の工事が無事終了したことを神々に感謝をする『竣工式』に呼ばれていた神々のなかの一人の女神が部屋を間違えて来てしまった、くらいの美しさでした。
 
 その美しさにけおされた私は、(とりあえず、今はこの部屋を避難して態勢を立て直そう……)と思い、
 
 「すみません、ちょっとお手洗いに」
 
 と席を立ったところ、瀧本美織が衝撃的な一言を発しました。
 
 「お手洗いは出口を出て左になります」
 
――最初、店員さんが紛れ込んだのかなと思って部屋を見回しました。しかし部屋の中にいるのは瀧本美織ただ一人であり――しかも左手を上げてトイレの方角を指さしていました。さらに彼女は微笑んで言いました。
 
 「かなり歩くことになりますから気をつけてください」
 
 部屋を出てトイレに向かいながら私は思いました。
 
 (なんか想像と全然違うぞ……)
 
 大宅文庫で調べた情報ではダンスや体を動かすことが得意であり天真爛漫でわんぱくな女性のイメージがあったのですが、実物はおしとやかで気配りを大事にする大和撫子といった雰囲気でした。
 
 そんなことを考えながらトイレに向かっていたのですが、結論を言うとトイレは出口の左じゃなかったんですね。
 
 これイラストにした方が分かりやすいと思うのですが、

mc1806_mizu_03_01

 トイレを出て店に戻るとき、そのことに気づいた私は武者震いを始めました。
 
 (こ、これはSキャラになるチャンスなのではないか――)
 
 席に戻って瀧本美織にこう言えば良いのです。
 
 「おい美織、トイレの場所出て左じゃねーから」
 
 そして、
 
 「罰としてお前、今日から俺のペットな」(次ページへ続く)

1 2 3

瀧本美織さん:ドレス36万9000円(エミリオ・プッチ) ●お問い合わせ先/エミリオ・プッチ ジャパン TEL 03・5410・8992 ペンダント27万円、バングル210万円、ブレスレット15万6000円、リング 35万円(すべてティファニー) ●お問い合わせ先/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク TEL 0120・488・712 バッグ11万1000円、シューズ10万5000円(2点共クリスチャン ルブタン) ●お問い合わせ先/クリスチャン ルブタン ジャパン TEL 03・6804・2855

Photograph / Jan Buus(whiteSTOUT)、Yoshio Kato(still life) Styling / Tatsuya Imai[Keiya Mizuno]、Natsuki Takano[Miori Takimoto] Hair &Make-up / Aki(kind)[Miori Takimoto] Text / Keiya Mizuno Edit / Yasuhiro Sato Cooperation / TOKYO MIDTOWN HIBIYA、Restaurant TOYO Tokyo

Page Top