2018.05.15

毛髪に悩む方に朗報

薄毛治療の画期的な手がかり ― メリットとデメリットの狭間で

骨粗鬆症の治療のために開発された薬に、思わぬ効能があるようです。

薄毛治療の画期的な手がかり ― メリットとデメリットの狭間で
Getty Images

  
A Miracle Cure For Baldness 
Could Be On The Way, 
According To Scientists

 更衣室の鏡の中で、髪の薄くなった後頭部を発見したとき…それは自分の毛が薄くなりつつあるのを自覚すること以上に、冷たく湿った死への予感と感じる人も少なくないでしょう。 
 
 毛髪の減少に対して、現段階で正々堂々と主張できる対処法としては、「思い切ってスキンヘッドにするか」、「坊主頭にして毛の長さを少しずつ短くしていくか」、もしくは「死ぬまで昼夜を問わず帽子をかぶり続けるか」しか選択肢はありません。 
  
 しかし、今春に発表された新たな研究論文によれば…男性型脱毛症との長~い戦いにおいて、ようやく科学が勝利を収められる可能性が出てきたそうです。「PLOS Biology」に論文が発表されているその研究とは、「現在市場に出回っているどんな治療法よりも、優れた治療法を見つけだす」ということを目標に掲げたものだったのです。 
 
 同論文の概要には、「毛髪の成長不良が、大きな心理的負担になることが往々にしてある」との指摘が。例としては、「自分の頭のてっぺんに反射した光に、目が眩んだふりをしてふざける」ような浮かれた友人たちへの対処は、もはや疲れるだけ…とのことです。 
 
 そうした点も考えあわせ、この論文で発表されているように「骨粗鬆症の治療のために考案されたある化合物が、頭皮にある毛包の成長を促進する可能性」の発見は、実に良い知らせと言えるでしょう。(次ページへつづく)

1 2

By Tom Nicholson on May 9, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE UK 原文(English)
 
TRANSLATION BY Hayashi Sakawa
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

Page Top