2018.10.11

BMW「未来の電気自動車はワイルドに運転してほしい!」

BMWの次世代EV『ヴィジョン iNEXT』…。そのコンセプトカーは2021年に一般で言うところの「SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」、BMWで言うところの「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」というカタチでやってくることがこのたび発表されました。BMW社の研究開発責任者は、「驚くような、ダイナミックな走りを体感することになるでしょう」と語っています。

BMW「未来の電気自動車はワイルドに運転してほしい!」
Courtesy of BMW
View Gallery14Photos

 2018年9月16日に行われたBMW『ヴィジョン iNEXT』コンセプト(2021年に完成予定のSUV)のラグジュアリーな発表会では、その「自律性」「コネクティビティ」「超近未来技術」に関する多く事柄が語られました。
  
 ジャカード生地に豪華な木製のトリムが施されたiNextのインテリアは、最新のブティックホテルのラウンジを思い起こさせるデザインになっています。
  
 ハンドルのBWMマークを押すと、ジャンプするわけではありませんが…ステアリングホイールとペダルが格納され、クルマが自動運転になるというシステムに。そしてフロントシートのヘッドレストは、後部座席の人と会話がしやすいように折りたたむことも可能になっています。 
 
 さらに後部座席には、ジェスチャーで操作を可能にしてくれる特別なファブリックでできているというから驚きです。(次ページへ続く)

From Road & Track
BY CHRIS PERKINS
SEP 20, 2018

Courtesy of BMW
  
Translation / Kazuhiro Uchida
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Lumiere Copper, Kaz OGAWA

Page Top