2018.04.12

編集部注目のクルマ

アウディ新型「A6」は、快適性とスポーツ性を兼備する

アッパーミドルクラスのセダンといえば、日本市場においては輸入車の独壇場となっています。その中でも、ぜひ注目していただきたいのが8世代目へと進化を遂げた新型アウディ「A6」です。

 「A6」を愛車候補としてリストアップした場合、競合として挙がるのがメルセデス・ベンツの「Eクラス」、あるいはBMW 「5シリーズ」ではないでしょうか。
 
 前者は自動運転を見据えた先進の運転支援を備え、後者は新時代のビジネスアスリートと銘打って、新たなベンチマークの地位を確立しつつあります。「A6」が超えるべきハードルは高く、それゆえモデルチェンジでは、ライバルを凌駕する大胆な進化が必須事項だったのです。 
 
 それを実現するのは決して用意なことではありません。ですが新型「A6」は、そんなハードなトライも事もなげに成し遂げたのです。革新的な機能を数多く導入し、デジタル化、快適性、スポーツ性という点でライバルを凌駕し、アッパーミドルセダンクラスに新しい基準を打ち立てました。 
 
 なかでも、アウディがことさら強調しているのがMMIタッチレスポンスという、新たなユーザーインターフェイスです。
 
 センタークラスターにはふたつのモニターが備わり、そのスクリーンで各種機能の操作を行います。ボタンやスイッチは配置されず、まるでタブレット端末がはめこまれたデザインのように…。これは今後のトレンドになるに違いありません。 
 
 スタイルは?と言うと、アウディらしい上品さと躍動感を巧みに融合したもので、「A8」や「A7スポーツバック」に共通した意匠に仕上げられています。
 
 いわゆるファミリーフェイスですが、ベース車となった「A7」とは異なり、プレミアムセダンに相応しい安定感や押しの強さが表現されています。ファミリーとはいえ、瓜ふたつでないところがアウディ・デザインの妙と言えるでしょう。 
 
 パワーユニットのトピックとしては、新たにマイルドハイブリッドシステムをすべてのエンジンに採用したことが挙げられます。 
 
 ベルト駆動式オルタネータースターターとリチウムイオン電池で構成され、時速55~160kmの間で惰性走行ができるというもので、スタート/ストップ機能と相まってドライバーが意識せずとも燃料消費の抑制が可能となります。経済性はもちろんですが、エコという社会貢献的な観点からもエグゼクティブが乗るクルマに相応しいパフォーマンスをもち合わせているのです。 
 
 また、昨今のクルマ業界において注目されている運転支援システムについては、パークアシスト/シティアシストパッケージ/ツアーシステムパッケージという、ドライバーアシスタンスをセットにしたパッケージを3タイプ設定。
 
 あれもこれもではなく、ニーズを考慮したパッケージとしているのは好感がもてます。そしてさらに、そこにはインテリジェンスをも感じさせてくれる要素とも言えるでしょう。 
 
 そんな新型「A6」ですが、本国ドイツでは2018年6月末から販売が始まる予定。
 
 日本導入は少々先になりますが、本国での販売価格や現行モデルの価格を考慮すると、およそ750万円からと予想されます。この新型「A6」の登場により、ビジネスマンズ・エクスプレスのなかでのトップ争いは、さらに熱を帯びていくことでしょう。その熾烈なバトル、日本市場で早く見たいものです。 
 
 
◇詳細 
アウディ「A6」 
販売価格/未定 
  
●お問い合わせ先 
アウディコミュニケーションセンター
TEL 0120・598・106 
https://www.audi.co.jp/

Text / Koji Takahashi 
Edit / Shun Yamanoi

Page Top