2018.07.02 PROMOTION

ベストセラー作家・水野敬也が人気モデルと大人の夏デート

「うまいビールにこだわる男は、 泡にこだわるんです」

『夢をかなえるゾウ』や『人生はニャンとかなる!』といったベストセラーで知られる人気作家の水野敬也さん。水野さんは現在、兄弟誌『メンズクラブ』で美女とのデート企画を連載中です。今夜のお相手は、人気モデルの西村みえこさん。彼女をエスコートして、旬のネタにこだわるおいしい鮨店に向かいました。この店はビールもおいしいと評判。“神泡”のプレモルを提供しています。そう、料理のおいしい店は、ビールもおいしいのです。

本物を知る、ふたりの夜は泡もおいしい生ビールが絶対

本物を知る、ふたりの夜は泡もおいしい生ビールが絶対

向かった先は赤坂『鮨まつい』。大人の夏デートに相応しいカウンター主体の鮨店で、水野さんも親密度がアップしそうなシチュエーションに「カウンターって横に並んで座れる良さがあります」と笑顔。隣で西村さんも微笑んでいます。乾杯はもちろん「ザ・プレミアム・モルツ」。普段からよくビールを飲むというふたりです。 
 
西村「ご飯を食べるときは、まずビール(笑)。お鮨屋さんでも私はビールです。夏は特に、生ビールが飲みたくて、お店にあると、『ヤッター!』って思います(笑)」 
 
水野「私もやっぱりビールですね。美女の前でも気取らずに飲めるのがいいんですよ。どんなに高級な店でも、いつもの自分でいられる。だから、ビールは素晴らしい」
 
ふたりの手には、泡も美しい「ザ・プレミアム・モルツ」。注ぎ方にまでこだわることで実現したこの泡こそが“神泡”。きめ細かくクリーミーだから口当たりが良く、泡そのものもおいしいのです。“神泡”がフタとなり、酸化を防いで炭酸ガスも逃さないから、ビールの香りやコクをさらに引き立ててくれます。
 
水野「プレモルはまず、イチローさんのCMが好きで。なんなんだ、あの泡って思っていました」 
 
西村「スゴくおいしそうな泡ですよね」 
 
水野「あの泡を、イチローさんが最高の笑顔でクワーッと飲まれている。本物って感じがしますよね」 
 
西村「私も、プレモルに出会って初めて、ビールの銘柄を意識するようになりました。それまで、ビールの違いってあんまり深く考えたことがなかった」

きめ細やかな泡は、おいしいビールに欠かせない大切な要素

細かくクリーミーな泡は、おいしいビールに欠かせない大切な要素

「今日のお薦めは何ですか?」。店主に尋ねる水野さん。「何といっても、シンコ。コハダの幼魚です」。店主の松井 新さんが答えます。「シンコ……知りませんでした」と西村さん。会話が弾む点もカウンター鮨の大きなメリット。ビールの泡が持つ魅力を語る会話も続きます。 
 
水野「海外に行くと実感しますが、日本のお店で飲むビールは本当においしいですよね。よく冷えていることはもう、大前提であって、その上で、さらに注ぎ方にもこだわっているんでしょうね、泡が本当においしい」 
 
西村「確かに、日本のビール、おいしいですよね。私、外国の友達がいて、ビール好きも多いんですけど、日本のビールを飲んでもらうと、泡に感激する人がたくさんいます。『泡の割合はどの店でも決まっているのか?』と真顔で聞かれるぐらい、泡に感激して飲んでいます」
 
ビールの7に対して約3の割合が黄金比。ふたりのグラスも見事な7:3でプレモルが輝いています。『鮨まつい』は“神泡品質提供店”。認定されるにはオリジナルサーバーの設置や毎日の洗浄といった品質保持の徹底などが必須条件。さらには注ぎ方にも、こだわりがあります。こうした店主の努力があるから今、ふたりの目の前に“神泡”のプレモルはあるのです。 
 
水野「サーバーもオリジナルなんですね、なるほど。きっとグラスの形状だって計算されているはず。だから、神泡になるんですね。企業努力というか英知の結集ですね」
 
→「ビールは永遠のライバル」?!  水野さんから衝撃発言

1 2 3

Photograph / Shin Igarashi
Styling / Kazuki Komago 
Hair & Make-up / Chiaki Niimi 
Text / Itaru Tashiro
Edit / Saori Moriyama

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      おうし座

      おうし座

      4/20~5/20

    • 2位

      いて座

      いて座

      11/22~12/21

    • 3位

      さそり座

      さそり座

      10/24~11/21

    今日の運勢は
    Page Top