2018.03.12 PROMOTION

紅茶に新トレンドが誕生!

贅沢に搾った「ミニッツメイド」の果汁をプラスで、よりおいしくなった紅茶に注目!

ロサンゼルスで人気のセレブシェフ、カーティス・ストーン氏が出演しているCMで、すでに話題になっている「紅茶花伝 CRAFTEA(クラフティー)贅沢しぼりオレンジティー」をご存じですか? 2018年3月12日に発売されたこの紅茶は、香り高い“セイロン茶葉”が“オレンジ果汁”と“はちみつ”に出会った全く新しい紅茶です。今までにないフレッシュな味わいに誰もが感動することでしょう! さあ今すぐ、この「紅茶花伝 クラフティー」の魅力をチェックしてみてください!!

贅沢に搾った「ミニッツメイド」の果汁をプラスで、よりおいしくなった紅茶に注目!

 
紅茶花伝 クラフティー 
 

 ベースは、紅茶好きを満足させる100%手摘みのセイロン茶葉。「紅茶花伝 クラフティー」では、通常の2倍量の茶葉(*)を低温抽出しているため、驚くほど香り高い“セイロン茶葉 ”になっています。これにたっぷりの“オレンジ果汁”、そして“はちみつ”とを合わせれば、フレッシュな味わいとやさしい甘さが同居した非常に贅沢な“オレンジティー”になるのです。 
 
 まさに「手仕事(CRAFT)」にこだわって淹れたおいしさから、この紅茶を「CRAFTEA」と命名されたのでした…。
 
※(*)は「紅茶花伝 ロイヤルレモンティー」との比較
 
 

01

「紅茶花伝 CRAFTEA(クラフティー)贅沢しぼりオレンジティー」410ml、140円
 
 
果汁をプラスでおいしくなった、紅茶に注目!
 
 レモン1枚を香りづけ程度に浮かべるのではなく、果汁をたっぷり注いだ紅茶も負けずにおいしいと教えてくれるのが「紅茶花伝 クラフティー」。たとえば、果汁を贅沢に注ぐオレンジティーを家でつくるとしたら、オレンジ果汁に紅茶が負けないよう、茶葉をいつもより多めに使って、じっくりと抽出する工夫が必須となります。
 
 よって「紅茶花伝 クラフティー」では、手摘みのセイロン茶葉をセレクト。通常の2倍量を使用しています。さらに雑味や渋みを抑えながら、セイロン茶葉ならではの華やかで豊かな香りを最大限に引き出すよう紅茶を低温で抽出しているのです。こうしてできたフレッシュで甘酸っぱいオレンジティーに甘さを加えるのが、「はちみつ」の役目。はちみつならではのやさしい甘さと、心が癒されるような心地よい後味は…忙しい毎日のなかでリフレッシュしたいときに、ぴったりの味わいになるのです。
 
 さらに、素材と製法にこだわり尽くして仕上げられた「紅茶花伝 クラフティー」だからこそ、そのまま飲むだけではその魅力を充分に味わったことにはならないのです。もちろん、そのままでも文句なしのおいしさなのですが、相性のいい料理やスイーツを探し当てれば、そのおいしさの可能性はさらにグンと広がるのです。 
 
 
 そんな魅力を、CMにも登場しているLAで人気のセレブシェフであるカーティス・ストーン氏と、東京のフードシーンを牽引しているフードディレクター浅本 充さんが徹底分析してくれました。
 
カーティス・ストーン氏×浅本 充さんの「CRAFTEA」スペシャル対談!

ボディ

写真左、カーティス・ストーン氏は、ロサンゼルスを拠点に『Gwen』『Maude』などのレストランを展開、TV料理番組でも大人気のセレブシェフ。テレビの料理番組にも多数出演し、自らの料理本は「ニューヨーク・タイムス」紙でベストセラーとして紹介されるなど、世界で高い評価を得ています。写真右、浅本 充氏は、フードプロデューサー兼株式会社ユニテ代表。「adding:blue」「レスプリミタニ」でのサーヴィスとソムリエ、マネージャーを10年間経験後、BROOKLYN に渡米。帰国後、カフェや学食、商品プロデュースだけでなく、レシピ本なども手掛け、活躍の場を広げています。
 
 
CMに登場しているカーティス・ストーン氏と国内外のフードトレンドに精通したフードディレクターの浅本 充さんが「紅茶花伝 クラフティー」の味わいや楽しみ方について語り合ってくれました!
 
 
浅本さん:最初に「紅茶花伝 クラフティー」を飲んだときの第一印象は?
 
カーティスさん: 紅茶、オレンジ、はちみつは、すべて自分が料理をするうえで興味をそそられる素材なのでとても気に入ったよ。酸味と甘さのバランスが良くておいしいね。紅茶も低温抽出で苦味が抑えられているところが素晴らしいよ。
 
浅本さん: フランス系のドライフルーツを加えた紅茶ではなく、搾りたての100%果汁を注いだ紅茶って新しいですよね。このフレッシュさに、僕はスイーツだけではなく“料理にも合う紅茶”という印象を受けました。
 
カーティスさん:同じだよ! 甘酸っぱさが塩気のある料理に合うね。私も最初にランチの料理…そう、「白身魚に合う!」と真っ先に浮かんだんだ。
 
浅本さん: 僕も(笑)! 
 
カーティスさん: オレンジは柑橘だし、柑橘の香りは魚と相性がいいからね。アメリカ人は温かいお茶はあまり飲まないけれど、アイスティーが大好き。「紅茶花伝 クラフティー」は冷たくして飲むのがおいしいから、LAでもとてもウケると思うよ。
 
浅本さん: それがペットボトルに入っているってことがいいですよね。
 
カーティスさん: すごくいい。お湯を沸かして、茶葉を抽出して…って、紅茶は淹れるのに手間がかかるでしょう。それに「紅茶花伝 クラフティー」みたいに低温抽出する時間なんて家ではできないからね。すでに低温で淹れてあって、味もこんなに素晴らしいなら、ボトルをさっと手にして紅茶を楽しむというのはとてもクールだと思う。日本人は幸せだね(笑)。
 
浅本さん:「紅茶花伝 クラフティー」に使われている紅茶・オレンジ・はちみつという素材が、その料理やスイーツに使われているから「紅茶花伝 クラフティー」はそれだけで飲んでもおいしいけど、スイーツや料理と合わせるともっとおいしさを発揮するのは、嬉しいですよね。
 
カーティスさん: そうですね。私たちが目新しく緑茶と料理をペアリングするように、搾りたての果汁を注いだ新しい紅茶も、味を注意深く分析して、いろいろな料理とペアリングしたら面白い。ティーカルチャーの新しいトレンドになると思いますよ。
 
 
では、「CRAFTEA」と楽しむティータイムのお供は?

02

『ブルーベリーのさくさくパイ』
 
 
 商品ラベルにあるオレンジがイメージさせる通り、オレンジの甘酸っぱさ、はちみつのやさしい甘さがおいしい「紅茶花伝 クラフティー」。セイロン茶葉の香りも豊かで、幅広いスイーツやチーズと相性よしなのです。
 
 フードディレクターの浅本さんが提案してくれたのは、ブルーベリーやクリームチーズを冷凍パイ生地で巻いた、サクサクのパイ。「紅茶花伝 クラフティー」のオレンジ風味がチーズに合うことから、今回はフィリングにクリームチーズを使用。「さらに『紅茶花伝 クラフティー』のはちみつ素材を意識して、このレシピでもはちみつを使い、マイルドな甘さを出しています――『紅茶花伝 クラフティー』のすっきりとした後味はパイのようにザクザクした食感のものと、ことのほか相性が良いのです」と、浅本さんは語ってくれました。
 
 「紅茶花伝 クラフティー」のオレンジ風味は、ブルーベリーに限らず、りんご、レモン、洋梨、チェリーなどさまざまなフルーツと好相性。そのほか、ワインとチーズを楽しむように、モッツァレッラなどのフレッシュチーズ単体と一緒に味わってもよく合います。
 
《レシピをご紹介》
『ブルーベリーのさくさくパイ』
 
●材料【2本分】
冷凍パイシート 2枚
 
A (卵1個/クリームチーズ 220g/ブラウンシュガー 30g/はちみつ 5g/レモン汁 5g)
ブルーベリー 1カップ
レモンの皮(すりおろす) 1/2個分
溶き卵 1個分
ブラウンシュガー 大さじ2
粉糖 少々
 
 
●作り方
【1】ボウルに"A"の材料を全て入れ、ハンドミキサーでよく混ぜ、約30分冷蔵庫で寝かせて2等分に分ける。
 
【2】冷凍パイシートは少し室温において生地をやわらかくする。めん棒と作業台に強力粉少々をはたきながら、1枚を厚さ2〜3mm、30cm×25cmの長方形に伸ばす。もう1枚も同様にする。
 
【3】パイ生地の半分(15×25cm)に端1cm余白をとって1を塗り、ブルーベリーとレモンの皮を散らす。余白の部分に溶き卵を塗り、何も塗ってない生地を半分に折って覆いかぶせて3片をしっかりと押さえ、表面に溶き卵を塗り、ブラウンシュガーをふりかける。もう1枚も同様に作る。
 
【4】3を190℃に余熱したオーブンに入れ、焼き色がつくまで15〜20分焼く。その後オーブンから取り出ししっかりと冷ます
 
【5】仕上げに好みで粉糖をふり、カットして盛り付ける。
 
 
「紅茶花伝 クラフティー」はランチタイムにも最適!

03

『ブルーチーズ、白身魚、グリンピースのニョッキ』
 
 
 オムレツなどの卵料理から、チーズを使ったパスタや白身魚のランチ、フレンチの肉料理まで、オレンジの華やかな香りが合う素材が使われていれば、幅広い料理に合うのが「紅茶花伝 クラフティー」の魅力です。
 
 「これからの季節『紅茶花伝 クラフティー』を氷たっぷりのグラスに注いで楽しむことを考えると、アメリカであれば西海岸の、ハーブや緑の野菜をふんだんに使った料理が合うと思いました」と、浅本さん。上のカーティスさんとのインタビューで、「紅茶花伝 クラフティー」が白身魚や塩気のある料理と合うと意見が一致した通り、浅本さんはパスタソースに真鱈とブルーチーズを使用。
 
 さらに柑橘つながりで、レモン果汁やレモンの皮の香りを効かせた、濃厚かつ爽やかなパスタに仕上げてくれました。「紅茶花伝 クラフティー」はシンプルなペペロンチーノや、定番のトマトソースのパスタにも合うが、クリーム系、チーズ系、白身魚を使ったパスタとの相性抜群。しっかりとした紅茶の味わいとオレンジの風味、塩気と調和するやさしい甘さは、グラタンやピッツァと味わってもおいしいです。
 
 
《レシピをご紹介》
『ブルーチーズ、白身魚、グリンピースのニョッキ』
 
●材料【2〜3人分】
ニョッキ 250g
ハーブ 適量
(ハーブは、イタリアンパセリ、ディル、セルフィーユ等)
レモンの皮(皮を剥き千切りにする) 1/2個分
鱈 2切れ
レモン果汁 小さじ2
生クリーム 90ml
ブルーチーズ(ゴルゴンゾーラなど) 80g
グリンピース(軽く茹でる)  約30個
 
 
●作り方
【1】ハーブをちぎり、レモンの皮と合わせる。
 
【2】鱈は一口大に切ってボウルに入れ、塩、こしょう各少々をしてオリーブオイル大さじ1をまわしかけて全体になじませる。
 
【3】フライパンを中火で熱し、2の鱈の皮目を下にして焼く。皮目に焼き色が付いたら裏返し、火を止めてふたをして約3分蒸す。身が崩れないように取り出し、レモン汁を全体にかける。
 
【4】大きな鍋にたっぷりの水と少し強めの塩を加えて沸かし、ニョッキを入れる。浮かんで来たら3~4分ゆでる。
 
【5】3のフライパンに生クリームとブルーチーズを合わせて中火にかけ、ブルーチーズが完全に溶けてフツフツと沸いたら、グリンピースを加えて4を加え、弱火で約1分火を入れながら絡めて塩、こしょう各少々で味を整えて皿に盛り、3をのせ、1を散らす。
 
 
●お問い合わせ先
コカ・コーラお客様相談室 
TEL 0120・308509
https://secure-c.cocacola.co.jp/kochakaden/craftea/

Page Top