2018.11.05

今日から始められる

4週間で肉体改造が期待できるワークアウトプログラム(そして、たとえ何歳であっても…)

ワークアウトを始めるのに、年齢など関係ありません。まずは自分が何歳であるかなどは、ここで一旦忘れてください。そして、この独自に開発された新プログラム、「MA40」と呼ばれるワークアウトを4週間行い、理想のボディを目指してみませんか。

 あなたが40歳以上で、さらに運動もなにもしていないという状況であるなら、多くの場合、加齢性筋肉減弱症すなわち筋肉の加齢に伴う筋肉減少症によって、まずは目立つところで言えば上腕二頭筋が縮小し始めるでしょう。そしてさらに、VO2 MAX(最大酸素摂取量)も低下してくることが予想できます。
 
 頑固ジイさんではありませんが。できることなら、自分のことは自力で行いたいものです。そして、大切な人とずっと一緒に過ごしていたいものです。そのためには、まずは筋肉の衰えを防がなくてはいけないと思うのです。…そんなわけで、筋肉の構造を踏まえたうえでのアプローチというものが、年々必要となってくるのです。
 
 そこで、『メンズヘルス』により発表された新プログラム、「MA40」と名づけたワークアウトに注目ください。
 
 ちょっと凄そうな名前をつけていますが、実はそれほど特別なワークアウトでもないのです。まずこのプログラムは、マシーンを使うようなものではありません。いますぐジムの会員登録に行く必要だってないのです。ここで必要なものは、硬く弾力のあるゴムバンドとミディアムサイズのダンベルだけでいいのですから(すみません、ダンベルは用意してください)。
 
 このプログラムを開発したのは、「ACTILAB」のトレーナー、デイビッド・ジャック氏。
 
 なんと彼は2018年の時点で45歳という年齢ですが、ハンドスタンド(倒立)も余裕でできるほどの逞しい男性なのです。そんな彼が彼自身もそうであるように、仕事やプライベートで忙しく、結局、体を鍛えることは後回しになってしまう…そんな男性に向けたワークアウトプログラム「MA40」をこのたび考案したのでした。
 
 この「MA40」では、ダンベルをただ持ち上げるのではなく、ねじったり回転させたりするワークアウトになります。そして世代を問わず、バランスとコアの安定性を向上させる鍛錬になります。このプログラムは総合的にモビリティ(機動性)を鍛え上げます。押し動作とと引駆動さを組み合わせ、さらに休憩を挟まないサーキットトレーニングを繰り返すことで、筋肉だけでなく体力向上、運動能力向上を目指すことができるのです。
 
 柔軟性とシックスパックが欲しい方はぜひ、このワークアウトプログラムを週3回、4週間で続けてみてください。きっと、始めたころよりも体の軽さや若返りを感じることができるはずですから…。

from Men's Health(原文:English)
EBENEZER SAMUEL C.S.C.S.
AUG 17, 2018
 
Translation / Kazuhiro Uchida
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Mirei Uchihori, Kaz Ogawa

Page Top