2018.09.13

栄養士のお墨付き!! 「便秘・お腹のハリ解消に効果を発揮する」6つの食品

お腹に不快感や膨張感を感じたら食べるべき、6つの食品をご紹介しましょう。

 お通じがこない、または、お腹が張って苦しい思いを経験したことはありませんか? 「ありません!」と答えた方は、きっと少ないことでしょう。この症状は、ちょっとしたことで誰にでも起こるうることだからです。
 
 そもそもその膨張感というものは大抵の場合、ガスによる膨張か? 水分による膨張か?という2つの要因から生じるものなのです。
 
 豆類・乳製品・ブロッコリーやカリフラワーのようなアブラナ科の野菜、または脂っこい食品など特定の食品を食べた後に…たとえば「ジーンズのボタンが閉まらない」といった困った事象が起こったときがあるかと思います。それがガスによる膨張感というものになります。 
 
 「しかし私たちは、それぞれ体質が異なっています。ガス膨張のきっかけとなる可能性の高い食品は数多くあるのですが、ある人がそれを食べてお腹が張ったとしても、他の人がそれを食べてもお腹など張った気もしない…という場合もあります」と説明してくれたのは、体を健康に保つための食事と栄養の活用法を専門的に学んだ医療専門家であり登録栄養士でもあるジェシカ・コーディング氏です。
 
 「登録栄養士」とは、アメリカ・カナダにある専門資格で体を健康に保つための食事と栄養の活用法を専門的に学んだ医療専門家であり、主に医療チームとして患者さんの栄養状態を改善する手助けをする栄養士を指します。

 
 一方、水分を溜め込むことで生じる膨張感となると、あらゆる面で膨れた”ミシュランマン”にでもなったかようにバッドな気分に陥ることでしょう。これに関しては、たとえば塩辛いものをたくさん摂取することによって、体が細胞から水分を奪おうとすることによって、体内のカリウムおよび水分が不足するという事態から引き起こされるものになります。 

 しかし、どのような膨張感の原因であれ、栄養士が太鼓判を押すこれら6種類の食品を摂取すれば、改善効果が大いに期待できるというものです。(次ページへ続く)

From MEN'S HEALTH
By Matt Bean and Melissa Matthews
Aug 21, 2018

Translation / Kazuhiro Uchida
Edit / Lumiere SATO, Kaz OGAWA

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      やぎ座

      やぎ座

      12/22~1/19

    • 2位

      ふたご座

      ふたご座

      5/21~6/21

    • 3位

      みずがめ座

      みずがめ座

      1/20~2/18

    今日の運勢は
    Page Top