2018.11.06

「グァバ」「ベリー」最強説!?

【早わかり!】最も健康的なフルーツを今すぐ食生活に取り入れよう

どの果物も健康に良いものですが、なかでも「最も高い健康効果をもつ果物」に迫ります。

 「どの果物が最も健康にいいか?」と聞くのは、さまざまな意味で「どの運動が最も健康にいいか?」と聞くようなものです。つまり、健康上のどんなメリットを求めるかによって、その答えは変わってきます。
 
 米国・アパラチアン州立大学の栄養学教授であるリサ・マカナルティ博士は、このように説明します。「『食物繊維が豊富に含まれている』、『ビタミンCなどのビタミンが多い』、『カリウムのようなミネラルが多い』など、果物にどんな特徴を求めるかによります。果物ごとに、豊富に含む栄養素は異なるものですから…」と。
 
 例えば「アメリカ農務省(USDA)」の栄養データベースによれば、カリウム含有量では「グァバ」が圧倒的ですし(1カップあたり688mg)、食物繊維では「ラズベリー」が頭一つ抜けています(1カップあたり8g)。
 
 以下に、アメリカ農務省のデータベースを参考に、ビタミンや栄養素別の含有量が“最も多い健康的な果物”をリストアップします。
  
・食物繊維:「ラズベリー」 1カップあたり約8g
・タンパク質:「パッションフルーツ」 1カップあたり約5g
・カルシウム:「デーツ」 1カップあたり約96mg
・鉄分:「柿」 1カップあたり約3.75mg
・マグネシウム:「デーツ」 1カップあたり約81mg
・カリウム:「グァバ」 1カップあたり約688mg
・亜鉛:「ブラックベリー」 1カップあたり約0.76mg
・ビタミンC:「グァバ」 1カップあたり約377mg
・葉酸:「グァバ」 1カップあたり約81mg
・コリン(Choline=循環器系と脳の機能、および細胞膜の構成と補修に不可欠な水溶性の栄養素):「クレメンタイン」 1カップあたり約21mg
  
(次ページへ続く)

From Men's Health
BY MARKHAM HEID
OCT 24, 2018

Translation / Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Lumiere SATO, Kaz OGAWA

Page Top