2018.04.26

お金の無駄遣い!?

オーダーメイドの「ストレッチ・セッション」の是非

ワークアウトの前後に、ウォームアップやクールダウンをやるべきであることはもうご存じでしょう。ただし、一部の熱狂的なエクササイズ愛好者の間では、「ストレッチング」が再び大いなる勢いで注目されています。トレーナーの手を借りるストレッチングは、いまや本物の“フィットネス・トレンド”と言えるです。

オーダーメイドの「ストレッチ・セッション」の是非
Getty ImagesHero Images

 
Don't Waste Your Money
on Boutique Stretching Sessions, Please 
 

 ストレッチを専門とするブティック・スタジオや教室、レースへの参加がここ数年間でたくさん登場したおかげで、いまでは日曜アスリートもフィットネス大好き人間も、「Stretch Zone(ストレッチ・ゾーン)」や「Stretchlab(ストレッチラボ)」のようなスタジオに詰めかけ、激しいワークアウトで生じた疲労からの回復に役立つようにと考えられたストレッチに夢中になり、クラス参加やマンツーマンのセッションを受けたりしています。
 
 たとえば『リンバー』というスタジオでは、カスタム・オーダーのストレッチングをすることで機動力や速度が高まり、スポーツ全般のパフォーマンスが改善すると主張しています(ちなみに、同スタジオのストレッチコースは、30分のセッションで55ドル、60分のセッションで100ドルとなっています)。
 
 一方、「ストレッチ・ゾーン」では、ストレッチング・セッションについて体に残る筋肉の緊張がほぐれ、リアクションにかかる時間と空間に関する意識が高まることから、運動のパフォーマンスが向上するとしています。なお、同社のウェブサイトには、セッションの料金は出ていません。代わりに、セッションを希望する人は各地にあるスタジオに直接連絡をとるようにと書かれています。(次ページに続く)

1 2 3 4 5

From Men's Health
By Lauren Bedosky
Apr 6, 2018
 
Translation / Hayashi Sakawa
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Hikaru SATO, Kaz OGAWA

Page Top