2018.10.15

PR【連載】Run in My World:東京

大都会・東京でランニングを楽しむ方法

ファッションモデルでありDJであり、ランニングチームのリーダーでもあるロノ・ブラジルさんが、ますます盛り上がる東京のランニングシーンについて語ってくれました。

大都会・東京でランニングを楽しむ方法
Courtesy of Jaybird

    
Run in My World: Tokyo

 ランニングは変わりました。ランニングはもはや単なる趣味ではありませんし、体重を落とすために耐え忍ぶような行為でもありません。
 
 世界中の各都市で、新たなビジョンを持つひと握りの人々たちが実践するランニングに刺激され、このスポーツは文化となったのです。「ライフスタイル」あるいは「多様性や持久力を称え合う集いの場」と呼んでもいいかもしれません。 
 
 この連載では、イアホンやヘッドホンなどを手がける「Jaybird」の協力のもと、ビジョナリーな話を聞きながら、街のリズムに乗るためになぜランニングが最適なのかを探っていきます。
 
 彼らにとって「走るとは?」、どんなことなのでしょうか。彼ら自身の言葉で語ってもらいました。 

  
===================== 
 
 ファッションモデルでDJ、ランニングチームのリーダーでもあるロノ・ブラジルさんは、どのようにランニングシーンを楽しんでいるのか教えてくれました。 
 
 クリエイティブの世界でプロになってからは、従来のランニングシーンにはどうも溶け込むことができませんでした。また1人のランナーとして、従来のクリエイティブな世界にも上手に馴染めていませんでした。 
 
 そうした中での2012年のある日、ニューヨークのランニングチーム「Bridgerunners(新たなランニングシーンの先駆け的チーム)」と「Black Roses(シーン先駆者のノックス・ロビンソンが立ち上げたチーム)」に参加してみたのです。すると…以来私は、初めて自分の居場所といいものを見つけることができたのです。ランニングとクリエイティビティという、自分の2つの世界が交差したのでした。 
 

View this post on Instagram

自分の思い浮かぶランニングのライフスタイルについて語りました。「IMPRINT」マガジン、是非チェックしてみてください。 #Repost @kontakt.press (@get_repost) ・・・ Repost from @girlhouyhnhnm @TopRankRepost #TopRankRepost いままでにないスポーツ×ライフスタイルをテーマにしたインタビュー誌『IMPRINT』が明日発売されます✨  ランニングとかヨガとか日常的に運動を取り入れている人も多いけど、そもそも身体を動かすって? スポーツって? 世界中で活躍するプロのスポーツ選手はもちろん、アーティストやクリエイターなどさまざまな職業の人たちにとっての"スポーツ”を読み応えのあるインタビューによって紐解いています ✨✨ またそのメンツが豪華かつレアなのです! 特にラッパーKOHHさんのインタビューなんて読みた過ぎる ✨ 伊丹豪さんによる撮り下ろしのファッションストーリーも必見です 『IMPRINT』¥700(マガジンハウス) A new magazine "IMPRINT"  is released tomorrow. It's a new type interview magazine about sports. Some famous athlete, artist and creator were interviewed, they answered what's sports for them. We must be able to enjoy articles and visuals that we've never seen before! #imprint #篠原有司男 #ガーダーアイダアイナーソン #萩野公介 #飯島望未 #原口元気 #アルバイク #泉田梨衣 #小川航基 #kohh #ロノブラジルサード #伊丹豪 #パブロピカソ #スポーツ #sports #ガールフイナム #girlhouyhnhnm

Lono Brazil IIIさん(@lono3)がシェアした投稿 -

 

 2016年に自分が育った東京に戻ってから、似たようなランニンググループ「Athletic Far East Club(AFE)」を見つけました。 
 
 私たちは毎週水曜日に走っていますが、ランニングはおまけのようなもの。何よりも、友達と近況報告やおしゃべりをすることを楽しんでいます。トレーニングの側面もありますが、各々が自らの目標やスケジュールに沿って参加しているんです。チームには「ランナー?」、と思ってしまうような人たちもいます。 

 

 
 

 音楽やファッション、アートといった業界で働く人は、運動競技の伝統的な側面から距離を置きがちです。
 
 そして健康を志向するアクティブな世界では、めったにクリエイティブな業界の人を見ることはありません。ですが、AFEのようなグループでは、自分と同じような人に出会えるのです。このグループはインスピレーションの源です。ミュージシャンだろうが何だろうが…悪目立ちすることはなく…それが最高なのです。ランニングに必要なのは、自分の体だけです。興味・関心を共有するコミュニティがあれば、そこから絆が生まれますので…。

1 2 3 4

By Lono Brazil III on August 22, 2018
Photos by Courtesy of Jaybird 
RUNNER'S WORLD 原文(English)
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。
編集者:山野井 俊

Page Top