2017.09.09

編集部注目のモノ・ヒト・コト

【日本人初】桐生祥秀選手、待望の9秒台をマーク!

2017年9月9日(土)に福井県営陸上競技場で行われた第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(2日目)において、東洋大学4年生の桐生祥秀選手が待望の記録を更新しました!
 

 

 
 桐生祥秀選手は、大会2日目に行われた男子100メートル競走で、日本人初となる9秒台をマーク! 追い風1.8メートルのなかでの決勝。場内8千人の観客が騒然となる9秒98を叩きだし、1着でゴールしました。ちなみにライバルである関西学院大学の多田修平選手は、10秒07の自己ベストで2位でした。
 
 これはもちろん日本新記録。それまでの記録は現在、日本陸上競技連盟強化委員会短距離部長も務める伊東浩司氏が、1998年に出した10秒00。この記録を19年ぶりに更新したことになります。
 
 桐生選手は高校時代(京都府・私立洛南高校)に10秒01をマークして以来、日本陸上界の救世主として注目され続けていました。
 
 彼の活躍によって、それまでスポーツ界ではマイナーであった「陸上競技」にさらなる光が当たり、多くの陸上選手がモチベーションをアップしていったに違いありません。そして、多くの選手たちがさらなる研鑚を重ね、世界で通用するレベルまで手が届くまでに至ったのではないでしょうか。 
 
 特に短距離界では…男子4×100mリレーは2016年のリオ五輪で銀メダル獲得、2017年8月の世界陸上ロンドンでも銅メダルを獲得するという偉業を成し遂げています。これもすべて、桐生選手の活躍がトリガーになったと言っても過言ではないでしょう。
 
 ただし、実は今季の桐生選手自身は苦悩の日々が続いていたようです。6月の日本選手権決勝では10秒26で4位に終わり、8月に開催された世界陸上ロンドンではリレーの代表でありましたが、肝心の100メートルでは代表を逃していたのです。

 それだけにこの9秒台という大記録にいちばん喜んでいるのは、桐生選手に違いありません。好調の頃ならこの記録を、きっと「当たり前」で終わらせていたことでしょう。「これは単なる通過点ですから…」などとコメントがしながら…。しかし、いわゆるスランプに陥っていた桐生選手。今回の記録は、自身にとっても「待望」だったはず。それはまさに、どんよりとした雲間から差す「天使のはしご」のよう。これをステップに、世界のトップレベル(ファイナリスト)へと駆け上がってほしいものです。
 
 この日のレースは、東洋大学のユニフォームを着て走る最後のレースでもありました。そして日にちは、平成29年9月9日。現在もっているすべてのパフォーマンスを出しきって、究極の9秒台を出した桐生選手。「おめでとう!」、そして日本人でも短距離で世界に通用することを再確認させてくれて「ありがとう!」と、祝福の声を贈りましょう!
  
 ちなみに9秒台を出したのは、桐生選手が世界で126人目になるそうです。国別でいえば日本は27カ国目。そして、桐生選手がマークしたこの記録は、世界歴代99位とのこと。
 
  レース直後、「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた。9秒台を出せて、スタートラインに立てたかな…」とコメントした桐生選手。その言葉どおり、まだまだ世界レベルのスタートラインに足を掛けたばかり。とはいえ、これもまた新たなトリガーとなって、日本の短距離界を大きく押し上げることになってほしいものです。そして、そのまま2020年の東京五輪へと…。
  
 
⦅桐生選手に続いてほしい、
期待のスプリンターたちを紹介!⦆

編集者:小川和繁

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      しし座

      しし座

      7/23~8/22

    • 2位

      おひつじ座

      おひつじ座

      3/21~4/19

    • 3位

      てんびん座

      てんびん座

      9/23~10/23

    今日の運勢は
    Page Top