2018.07.13

ハメス・ロドリゲスにハマってる人から聞いた14の事柄

W杯ロシア大会も大詰め、残すところ2018年7月14日の3位決定戦(ベルギーVSイングランド)、そして同年7月16日の決勝(フランンスVSクロアチア)のみとなりました。そんな折、同年7月12日に、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手は27歳の誕生を迎えています。そんな世界が注目した選手をここでクローズアップ!

 ロドリゲス選手は14歳からプロデビューし、今ではサッカー強豪国コロンビアのヒーロー的存在となったスタープレイヤーです。
 
 母国コロンビアのクラブでプロキャリアを始めたのち、2010年夏からFCポルト(ポルトガル)、2013年夏からはASモナコ(フランス)と、着々とキャリアアップをはたした彼ですが、その実力を世界の示したのが2014年に開催されたブラジルW杯です。
 
 自身初出場ながらもコロンビア代表の10番を背負い、ベスト8進出に貢献。個人成績では通算6ゴールと、なんと大会得点王に輝いたのです。決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦で決めた芸術的なボレーシュートは、その年、2014年のFIFA(国際サッカー連盟)が制定する最も優れたゴールをした選手を対象となるFIFAプスカシュ賞を受賞することに…。
 
 こうして隣国のブラジルの地で大ブレイクを果たしたロドリゲス選手。
   

  
 2014年7月には、6年間の契約で最高峰のクラブチームのひとつ、レアル・マドリードCF(スペイン)に移籍をはたしたのでした。そこで初年度は、29試合13得点とまずまずの成績でしたが、ジダン監督就任以降はベンチ生活が続くことに…。出場機会をつかむことができないまま、2017年7月に買取オプション付きの2年契約で、FCバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)への期限付きで移籍することとなり、現在(2018年7月13日現在)に至ります。ちなみに、2017-18年のブンデスリーガでの成績はチームは優勝しましたが個人成績は7得点で30位、アシスト数は11本で3位となっています。
 
 そんな彼はサッカー選手として世界的な注目を浴びる以上に、その爽やかで整ったルックスぶりで世界的な人気ものにもなったのです。日本では2017年、世界のTOYOTAから登場のニューカー、「シエンタ」のCM出演までこなしていますので…。
 

 
 そうして迎えたW杯ロシア大会。日本と同じ予選グループHで、日本との初戦相手として再び注目を浴びました。左足から繰り出される彼の長短メリハリを効かせたパスは、針の穴をも通すほど精度が高く、しかも得点能力にも優れ、日本中が彼に恐れをなしていたのですが…なんと、日本は勝利! その後コロンビアは実力を発揮し、グループHの1位で決勝トーナメントへ進みますが、残念ながらイングランドにPKで敗退し、ベスト16止まりでした。
      

  
 このW杯ロシア大会でロドリゲス選手は、残念ながら「目覚ましい活躍」はできませんでした。彼自身、そして噂のパートナー(さらに、大人女優の明日香キララさん)も含め、きっとロシアでこの27歳のバースデーを迎えたかったはずです…。そんな、ちょっと沈んでいるかもしれないロドリゲス選手を励まず意味でも(余計なお世話かもしれません)、ここで彼の意外な素顔や知られざる私生活を紹介しましょう。
 
 C.ロナウド、ジダン前監督が去ったレアルマドリーでは現在、ハメス復帰の噂が浮上しています。スペインのメディア「マルカ」紙では、「このレフティーが再び“白い巨人”でプレーすることを望んでいる」と報じているなか、この記事がその後押しになればと思っています(なわけ、ありませんが…)。

Photograph / Getty Images

Page Top