2018.10.07

日本のJAXAが、小惑星上を跳ね回る宇宙探索機を投下

10年前に失敗に終わった「ローバー(自律型ロボット小惑星探査機)」が現在、面目躍如のストーリーを展開する運びとなりました。

日本のJAXAが、小惑星上を跳ね回る宇宙探索機を投下
Courtesy of JAXA

 
Japan's Space Agency Landed Bouncing Rovers on an Asteroid 
 

 成功しました。2018年9月22日の土曜日、日本の宇宙航空研究開発機構「JAXA」は、2機のローバーを小惑星「Ryugu(リュウグウ)」の地表へ投下することに成功したことをツイートしました。
 
 そしてその2機は、元気に跳ね回っている模様です。 
   

ツイートのコメント引用:
お待たせいたしました! (ローバー=自律型ロボット小惑星探査機)である「MINERVA-II1」は、「ローバー1a」と「ローバー1b」の2機で構成されています。この2台ともに、小惑星「リュウグウ」の表面に上陸したことが確認されています。彼らは良好な状態で、写真 & データを送信しています。またわれわれは、彼らが表面に移動していることも確認しています。#asteroidlanding
  
 
 …とのこと。ひとまず、うれしい報告です。 

1 2 3 4 5 6

From POPULAR MACHANICS
By Joe Pappalardo
Sep 24, 2018

 
Translation / Kazuki Kimura
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Lumiere SATO, Kaz OGAWA

Page Top