2018.02.16

How To Make Facebook Cool Again

あの“フェイスブック”をもう一度クールなものにする方法

ますますユーザーの高齢化が進み、「クール」とはほど遠いものになりつつあるフェイスブック。このSNSが再び若者たちの支持を得るためには、どんな改革が必要でしょうか。 
 

main

Photograph/ Getty Images 
 
 そういえば、フェイスブックが「クールなもの」とみなされていた時代もありましたよね。 
 
 (アメリカでの話になりますが...)2005年10月ごろ、学生世代の若者たちは、ザッカーバーグが開発したこの新たなツールを使って、退屈な感情を綴ったり、ホームパーティーを計画したり、女の子を引っ掛けようとしていたものです。当時は、交際ステータスを変えたり、ナイトクラブでの写真を日付入りで投稿したり、授業で会ったかわいい女の子に「poke」機能で控えめにアピールしてみたり、といったことは日常茶飯事でした。テクノロジーとインターネットが、音楽やファッションといった前時代的なものを、若者のサブカルチャーの主役から引きずり落とした時代でした。あの頃、オンラインにいることは本当に素晴らしいことだったのです。 
 
 とはいえ、あなたのティーンネイジャーの甥にこんな話をしても、もちろん信じてくれるはずもありません。彼にとって、フェイスブックはもう終わった存在なのです。「ガーディアン」紙は今週報じたニュースのなかで、「25歳以下の若者はもはやフェイスブックに興味を抱いていない」という、誰もが気づいていたことをはっきりと述べました。2018年、フェイスブックを使用する12〜24歳の若者の数は、2017年より70万人減少すると見られており、いっぽうで55歳以上のフェイスブックユーザーはこれまでになく増加しつつあるそうです。フェイスブックは、若者が集まる「レイヴ」のような場所から、年寄りばかりの「ビンゴホール」に様変わりしてしまったようです。 
 
 ですが、諦めるのはまだ早いかもしれません。フェイスブックはここから起死回生し、スナップチャットから若者たちを取り返すことができる可能性もあります。流行は繰り返すものですし、フェイスブックの時代も再び戻ってくるかもしれません。とはいえ、この実現にはいくつかの根本的な改革が必要なのです。

By Sam Parker on February 12, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE UK 原文(English) 
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura 
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      かに座

      かに座

      6/22~7/22

    • 2位

      うお座

      うお座

      2/19~3/20

    • 3位

      おとめ座

      おとめ座

      8/23~9/22

    今日の運勢は
    Page Top