2018.06.25

これでもユーザーもドライバーも、健全にオーダーのやり取りが可能!

Uberは特許取得の新システムで、ユーザーの危険度を察知

自動車配車サービスUber(ウーバー)は、ケータイからの情報を用いて、あなたが泥酔しているかいなかを察知する新システムの特許を取得したということです。

Uberは特許取得の新システムで、ユーザーの危険度を察知
Getty Images

     
Soon Uber Will Know If You're Drunk While Ordering A Taxi

 夜明け前の午前3時。繁華街には会から解放された多くの人々が、帰宅のためにUberで空車を探すという儀式が盛んに行われるころではないでしょうか。至る所で行われることでしょう。 
 
 そんな方に朗報です。…とは言っても、ドライバーのほうにです!
 
 このシステムでは、ケータイを使用している皆さんが「正常に歩いているのかどうか?」を目安に行われるそうです。そのケータイが現状、「どれほど揺れているか?」また、「スクリーン上を叩いている間に珍しいタイプミスをしているかどうか?」、そして、「現状はどんな角度で開かれているのか?」 などを評価することで、その予約の主の状態を予測しようとするシステムになるのです。 
 
 さらに、あなたがUberを頼もうとしている時刻、および「異常な行動や安全上の事故を起こしやすい場所」かどうかも考慮に入れることもできるそうです。例えば、多くの人が泥酔して失敗を犯す前例があるパブなどが、これに当たる場所と言えるでしょう。 
 
 そんなこんなでこのシステムは、あなたがどのぐらい酔っている可能性があるかを算出し、その解答を予想するのです。その答えは2択で、「はい」or「いいえ」ではじき出されるそうです。(次ページへつづく)

1 2

By Tom Nicholson on June 13, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE UK 原文(English)
 
TRANSLATION BY Nana Takeda
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

Page Top