2018.03.30

Bill Maher is Optimistic About Trump's Proposed Meeting with Kim Jong-un

人気コメディアン&テレビ司会者のマー氏、トランプ大統領と金正恩氏の会談に楽観的姿勢を示す

人気コメディアン&テレビ司会者のビル・マー氏は、敵対しそうな二人の会談がうまくいくだろうと予測しています。その興味深い理由とは?

ビルマー氏

「お世辞、名声、独裁政治・・・彼らの興味対象は同じなのさ」

 ホワイトハウスは、トランプ氏が北朝鮮の金正恩氏との首脳会談に合意したことに対して二の足を踏み始めたようですが、『リアルタイム』の司会者ビル・マー氏は、これに対してまだ同調の立場をとっている模様。懐疑的になる理由はあるけれど(「合意した取り決めをことごとく破る人々だし – そして金正恩氏も信用に足らない人物である」と発言)、マー氏はトランプ大統領と金氏との対談を真っ向から嫌うリベラルをたしなめています。 
 
 「あまりにまともじゃないから、意外とうまくいくんじゃないかというスタンスを取ろうと思う」と言って、この二人のリーダーの多くの共通点を挙げています。 
 
 彼らにはお世辞、名声、独裁政治・・・と興味対象に共通項がたくさんあるうえ、両者とも父親との確執、過食、問題のある家族を抱えて、奇妙な髪型という共通点まであります。さらにはミサイルパレード好き、ゴルフスコアのごまかし、部下がすぐにいなくなる・・・。
 
「金氏が唯一好んでいるアメリカ人は?」とマー氏は問い、「デニス・ロッドマン。トランプは、“次期デニス・ロッドマン大統領”にもっとも近しい人物なのさ」と語ります。
 
トランプ大統領本人の目論見はおそらく楽観視できるようなものではないという見方を考えれば、マー氏のようにトランプ氏の北朝鮮訪問に積極的な姿勢を示す人物がいるというのは、素晴らしいことではないでしょうか?

 
     

By Gabrielle Bruney Mar 11, 2018 
Photo by HBO
ESQUIRE US 原文(English)  
 
 
TRANSLATION BY Saeko Iida
※この翻訳は抄訳です。

編集者:森山さおり

Page Top