2018.02.14

Lifeguard Drone Saves Two On First Day

ドローン、溺れる少年2人救出

新人でもやるときはやるのです! オーストラリアのライフガードのニューフェイス、ドローン(小型無人機)くんが、初出勤日(導入して初めての日)に10代の2人の少年が溺れていたところを救出。大活躍を見せました! 
  

031

 
 
 10代の少年2人(15歳と17歳)は、海岸から約0.5マイル(約0.8キロ)のところで自らをコントロールすることができなくなった模様です。辺りには、10フィート(約3メート)近くのうねりに見舞われていました。オーストラリア「ABCニュース」によれば、海水浴場に来ていた他の人たちが男の子たちの危機的状況を察し、救助員に知らせたそうです。
 
 すると、2分以内にドローンの「Little Ripper Life Saver」が少年を見つけたのでした。そして、ドローンがインフレータブル浮揚装置を降下。その浮揚装置につかまり、少年たちは安全に岸まで泳ぐことができたわけです。
 
 「この2人の男の子が安全に泳ぐことができ、戻ってこられたことはとてもうれしいです」と、ライフセーバーの監督者であったジェイ・シェリダン氏は語っています。

 
 また「シドニー・モーニング・ヘラルド」紙に、「ドローンを始動し、その場所へ飛行させ、ポッド(インフレータブル浮揚装置)を落とすまでに約1〜2分で成し遂げることができました。通常は、そこまで到達するまで数分を要します」と、シェリダン氏は話しています。
 
 彼は今回の救助劇を、「非現実的で実感がありません…」とも付け加えています。「自分の自らの手で助けた訳ではなくドローンが救出した命なので、実感が沸きにくいのかもしれませんね」と…。
  
 しかしながらシェリダン氏も、この「救出ドローン」の活躍を讃えています。このたび、この迅速な対応によって2人の少年が助かったことは、素晴らしい事例となるでしょう。今後も、ドローンの活躍にも期待です。土地がオーストラリアだけに、今後はサメ対策用の機能も必要かもしれませんね…。
 
>>>【ドローンが救出中に撮影した実際の救出劇を、ぜひ動画でご覧ください!】
 

By David Grossman Jan 19, 2018
POPULARMECHANICS(原文:English)
Photography / ABC NORTH COAST
 
Translation / Mirei Uchihori
※この翻訳は抄訳です。
Text & Edit / Mirei Uchihori, Hikaru SATO, Kaz OGAWA

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      かに座

      かに座

      6/22~7/22

    • 2位

      みずがめ座

      みずがめ座

      1/20~2/18

    • 3位

      やぎ座

      やぎ座

      12/22~1/19

    今日の運勢は
    Page Top