2018.05.25

個人のスマホでツブやいたわけではなかった!

トランプのツイッター用スマホ、それは国家安全保障にとって悪夢だ

すべては、「不便さを回避するため」であるとのこと。どこかで聞いた覚えのある言葉ですね...。

トランプのツイッター用スマホ、それは国家安全保障にとって悪夢だ
Getty Images

 
Trump's 'Twitter Phone' 
Is a National Security Nightmare

 「Lock Her Up !(あの女を逮捕しろ!)」ードナルド・トランプを大統領候補者として支持した人々は、彼とその名代であったマイケル・フリン氏のような人たちが考え出したこのフレーズを、米大統領選の最中、各地で開かれた集会や共和党全国大会で繰り返し口にしていました。 
 
 「あの女」とはヒラリー・クリントン氏のこと。彼女が国務長官時代に、「私用のメールアカウントを使って仕事のメールをやりとりしていたことが違法行為にあたる」というにより、このフレーズの生まれたのでした。しかしトランプらのこの言い分が、とんでもない偽善であることが今になってはっきりとしてきました。それはいまトランプ自らに対し、大統領選でのロシアによる選挙干渉の可能性など、複数の調査が進められているからです。 

 
 また彼の名代のうち、フリン氏を含む複数の人物が連邦当局による捜査で、有罪であることを認めています。 
 
 トランプのアドバイザーのうち少なくとも6人が、ホワイトハウスでの仕事に私用のメールアカウントを使用していたのです(ヒラリーが刑務所送りに価するとトランプが示唆していた、まさにそれと同じ行為があったことを私たちが知ったのは、ずっと昔のことではなかったでしょうか…)。しかし今は、「恥知らずの時代」です。なので、そうした罪さえ十分とは言えません。 
 
 政治メディア「ポリティコ」が報じたところによれば、トランプ大統領は通信の機密を保護するためのセキュリティ機能が不十分な携帯電話を使っているそうです。
 
 彼が通話用に使っているスマホにはマイクロフォンとカメラ機能が付いており、また、この端末がどれくらいの頻度で新しいものと交換されているかは明らかではありません。そのため、米国の大統領がハッキングされたり、監視されたりするリスクにさらされている可能性があるのです。(次ページへつづく)

1 2

By Jack Holmes on May 23, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE US 原文(English)
 
TRANSLATION BY Hayashi Sakawa
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

Page Top