2018.03.26

This Might Be the Rarest Rolex Ever Put Up for Auction

コレクター垂涎!レアすぎる「ロレックス」がオークションに登場

“ザ・ユニコーン”のニックネームで知られる、ホワイトゴールドの「ホワイト コスモグラフ デイトナ」がオークションに出品されるそうです。

コレクター垂涎!レアすぎる「ロレックス」がオークションに登場
Courtesy of Phillips / Phillips.com

世界に1点しか存在しないホワイトゴールドの「コスモグラフ デイトナ」

 チクタクチクタク…。このかすかな音が聞こえますか?これは、世界中の時計コレクターがその存在に衝撃を受ける“ある時計”の音。実は、これまで製造されてきた中で最も珍しい腕時計のひとつ(“最も珍しい”と言い切ってもいいかもしれません)が、紆余曲折を経て、ジュネーヴを拠点とするオークションハウスのフィリップスに出品されることになったのです。これは、ホワイトゴールドの「コスモグラフ デイトナ」(レファレンスナンバー6265)で、1970年に製造され、1971年にドイツの小売業者に納品されました。ニックネームは「ユニコーン」。専門家たちは、これは1点ものであると考えています。 
 
 およそ10年前にこの時計が発見されるまで、誰もが「ロレックス」が製造してきた手巻きの「デイトナ」はステンレスか、イエロー・ゴールドだけだと思っていたことでしょう。それしか目にしたことがなかったのですからそうかもしれません。けれど、どうやら、誰かがこのホワイトゴールドの「コスモグラフ デイトナ」をつくる必要があったのでしょう。あるいは奇をてらったことをする必要があったのでしょう。 
 
 どのような事情があったにせよ、ついにこの超レアな一品が公衆の面前にさらされることになったのです。(次ページに続く)

1 2

BY Jonathan Evans on March 14, 2018
ESQUIRE US 原文(English)

TRANSLATION BY Chisato Yamashita

Page Top