2018.05.30

大スターもトランプアレルギーであった

R.デ・ニーロ、トランプ大統領の「NOBU」入店は拒否 ― 自ら経営する人気レストランに本気の指令

人気俳優ロバート・デ・ニーロは以前から、トランプ嫌いを公言してきました。どこまで本当か定かではありませんでしたが、どうやら本当に大統領のことが嫌いであるようです。

R.デ・ニーロ、トランプ大統領の「NOBU」入店は拒否 ― 自ら経営する人気レストランに本気の指令
Getty Images

 
Robert De Niro Just Banned 
Donald Trump from All His Restaurants

 俳優、そして活動家でもあるロバート・デ・ニーロといえば、どんな人でも「一度は人生のアドバイスをもらってみたい」と思うような、信頼できる大スターではないでしょうか。そして実は、そんな彼は「Nobu(ノブ)」という小規模なレストラン・ホテルチェーンの共同創業者でもあったことは、皆さんご存じでしょうか。 
 
 2018年5月、NOBU(シェフの松久信幸氏の名前に由来します)は25周年を迎え、シューディッチ(イギリス)とマルベーリャ(スペイン)、イビサ(スペイン)の3カ所に新たなホテルをオープンしました。 
 
 この3軒を加えたことで、NOBUグループのレストラン・ホテルの数は世界で39店舗となりました。そして、このすべての店舗で、入店拒否を言い渡された人物がいます。それは、ドナルド・トランプ氏なのです。 
 
 「デイリー・メール」紙によれば、デ・ニーロはNOBUの新店舗オープンを祝うイベントのなかで「系列のレストランには、ドナルド・トランプを絶対に入店させない」とし、米国大統領への入店拒否を宣言しました。またデ・ニーロは、「トランプの近くでは食事さえとりたくない」とも断言し、「彼が何を好きでも構わないが、自分がいるレストランに入ってきたら、私は出ていくだろう」と語ったようです。(次ページへつづく)

1 2

By Sarah Rense on May 24, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE US 原文(English)
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

Page Top