2017.12.21

There's Nothing That Sounds Like Lamborghini's V12

ランボV12エンジンが発する魔法の音色―ランボルギーニ「ムルシエラゴ」より

時代を超えて男たちを魅了して止まない…その走行音に、おもわず聞き入ってしまうでしょう。

ランボV12エンジンが発する魔法の音色―ランボルギーニ「ムルシエラゴ」より
Courtesy of YouTube@NM2255 Car HD Videos

 
There's Nothing That Sounds
Like Lamborghini's V12

 「ムルシエラゴ(Murcielago)」は、Audiがランボルギーニを買収した後に発表した最初の車種になります。2001年から2010年にかけて製造されたスーパーカーであり、スペイン語で「コウモリ」の意味をもちます。そして、このコウモリに虜となっているファンはまだまだ多いのです。
 
 言うまでもないことかもしれませんが、ランボルギーニは一度だって「使いやすい!」と言われたことなどありません。 
 
 「ムルシエラゴ」も他と同様…思いがけない優しい一面を持ち合わせることで、互いに理解し合うことも稀かもしれません。でも、でも、それこそランボルギーニがもつ、ひとつの大きなチャームポイントだと言ってもいいでしょう。
 
 そんな魅力に圧倒されながら、さらに我々はその走行音でダメ押しされるのでした…。
 
 ランボルギーニのV型12気筒エンジンは、「ムルシエラゴ」に搭載される以前にかなり改良が加えられています。が、「ムルシエラゴ」には新規設計されたものではなく、ディアブロから引継ぎとなるアルミダイキャスト、60度バンクの水冷V型12気筒DOHCエンジンの発展型を搭載しています。 
 
 「カウンタック」から「ディアブロ」を経て、この「ムルシエラゴ」まで基本構造を受け継ぐ設計となっています。「ディアブロ」の最終生産型である「ディアブロ 6.0SE」のエンジンに対し、基本ストロークを延長。そして排気量を6.2Lにした「狂気に満ちた」とも言える(笑)エンジンを搭載しているのでした。
 
 それでは長年愛されている「ムルシエラゴ」、その男心を操る(まるでコウモリから発せられる)超音波とも言えるエンジン音をご確認ください。
  

 

  
 
《おすすめ記事》

ランボルギーニ、世界最速のSUV発売ーその名は「Urus(ウルス)」
 

痺れるエンジン音、マトラV12 ー その刺激的な調べはまるで楽器のよう

BY TRAVIS OKULSKI 
ON DEC 6, 2017
Road and Track(原文:English)
Photograph / Road and Track
 
Translation / Mirei Uchihori
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Kaz OGAWA

    DAILY FORTUNE

    • 1位

      しし座

      しし座

      7/23~8/22

    • 2位

      おひつじ座

      おひつじ座

      3/21~4/19

    • 3位

      てんびん座

      てんびん座

      9/23~10/23

    今日の運勢は
    Page Top