2018.04.02

「天宮1号」はやはり危険のままなのか?

墜落が危険視されていた中国・宇宙ステーションの現在

2017年末から、「2018年4月までに地球へ墜落する」と予想されていた中国の宇宙ステーション「天宮1号」ですが、とうとう大気圏へ突入していたようです…。

墜落が危険視されていた中国・宇宙ステーションの現在
Getty Images

 
An Out-of-Control Chinese Space Station
Is Crashing into Earth This Weekend

 中国政府は1年以上前、同国初の宇宙実験室「天宮1号」が制御不能に陥ったとし、数年以内に大気圏に突入するとの見通しを発表しました。
 
 2017年5月、同政府は具体的な墜落時期について、2017年10月から2018年4月の間になるとの予測を発表。そして最新の予測によれば、天宮1号が燃え尽きながら地球に落下するのは、2018年3月30日の早朝から4月2日までの4日の間になる見込みでした。 
 
 その報道は2018年のイースター、そしてエイプリルフールでもある4月1日になる可能性がもっとも高いとも噂されていました。宇宙ステーションの墜落予想について、気になっていながらも忘れていた方も多いのではないでしょうか。 
 
 「天宮1号」は2011年に打ち上げられ、いまとなっては重さ9.4トン全長10.4mの金属の塊です。この宇宙ステーションは、軌道が急速に減衰したため制御不能に。その落下経路については、様々な予測がこれまで出ていました。 
 
 ハーバード大学の天体物理学者であるジョナサン・マクドウェル氏は、2017年10月に「大気圏へ再突入する2、3日前の時点でも、天宮1号がいつ落下してくるかは6〜7時間の範囲でしかわからないでしょう」と、「ザ・ガーディアン」紙に語っています。さらに、「いつ落ちてくるかがわからないということは、どこに落ちるかもわからないということです」とも…。
 
 幸いにも、非営利企業であるエアロスペース・コーポレーションが天宮1号のその後を追跡していました
 
 同社は「天宮1号」の正確な再突入ポイントを確定するのが不可能という点には同意しつつも、「北緯43度~南緯43度の間の地点に落下することは、ほぼ間違いない」としていました。(次ページへつづく)

1 2 3

By Sarah Rense on March 28, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE US 原文(English)
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。
編集者:山野井 俊

Page Top