2018.04.24 PROMOTION

根本的な体臭ケアができるボディケアソープが登場

大切なのはニオイの根源を断つことです

普通の汚れとは異なる、加齢臭やミドル脂臭の原因。だからこそ特化したものを使用し、しっかりと洗い流すことが大切です。ニオイは、人に指摘されることはなかなかありません。結果を出してくれるアイテムを使って、自信をもって毎日を過ごしましょう。 

 
指摘されないからこそ
積極的なケアが必要 

 ニオイに関して、面と向かって指摘されるということはそうあるものではありません。ですが、「あの人ちょっとにおうね…」と、別れたあとに言われている可能性はなきにしもあらす…。
 
 特に男性は年齢を重ねるにつれて、加齢臭やミドル脂臭といった特有のニオイを発します。こればかりは人間である以上仕方ありませんが、人を不快にさせてしまうことは見逃せません。そして、「体をしっかり洗っているから大丈夫!」というのも危険。なぜなら、これらのニオイの原因は通常の汚れとは異なるからです。
 
 年齢特有のニオイには、専門のケアが必要になってきます。「アジカ・グランテック」は、なかでも体臭予防に特化し、竹炭や銀イオンといった消臭成分はもちろん、その配合にまでこだわったプロダクツ。不快なニオイの元となる菌を、根本から洗い流してくれるのです。
 
 さらに保湿ケアも同時にでき、しっとりした肌に導いてくれるのです。つまり、体に対する全方位的なエイジングケアが、これ一本でできるというわけです。
 
 体臭問題とは、改善されたことを実感しづらいケアです。本当に効いているのか?…と疑問をもつくらいならば、結果が裏打ちされた製品を使用するべき。そうすれば、「体臭は大丈夫かな?」などと気にすることなく、自信をもって人と接することができるようになるのですから。
 
 
体臭対策・保湿・エイジングケアが
これ一本でかなう!

mc1806_Tagi_01_01

ニオイ、肌ともにエイジングケアができる。「アジカボディケアソープ」(300ミリリットル) 3980円(アジカ・グランテック) ●お問い合わせ先/アジカお客様相談室 TEL 0120・434・877
 
 
 加齢臭やミドル脂臭などにアプローチするアジカ・グランテック、竹炭や銀イオンといった消臭成分がニオイの原因を洗い流してくれるのです。
 
 さらに、バイオコアエリアの力で不快なニオイが発生しにくい環境作りをサポート。保湿をはじめとした肌を整える成分も配合されており、見た目のエイジングケアもかなえてくれるアイテムなのです。
 

Tagi3a_cmyk_134

*日本食品機能分析研究所調べ(2017年4月現在)
 
 
消臭成分の竹炭と銀イオンを
独自処方で配合

①

②

 
 竹炭(写真上)を燻製処理したことで、ニオイの元を洗い流すための吸着力が通常処方のものよりも高くなっています。さらに、抗菌力に優れた銀イオン(写真下)はNASAでも採用されている銀ナノコロイドを使用。
 
 650種類もの菌を殺菌する力を有していながらも、肌に優しいことが特徴です。研究を重ねた独自の処方が、体臭の発生を限りなくゼロに近づけます。
 
 
《Recommend》 
『しっかりと洗えるのに
 お風呂上がりにしっとり感がある』

mc1806_Tagi_01_07

「汚れが落ちていると実感ができ、洗い上がりの肌がしっとりするのにベタベタしないのはうれしい。実際に仕事で徹夜になってしまったときの体臭も、和らいだ気がしています。ニオイ対策に保湿にと、これ一本でさまざまな役割を担ってくれるので、時間がないときも助かります」と牛島さん。
 
《PROFILE》
牛島康之さん(ライター)
…ファッション誌・ライフスタイル誌を中心に原稿を執筆。服だけでなく美容にも敏感で、スキンケアにとどまらず食生活にも気を遣っている。本誌でもさまざまな企画でおなじみ。
  
   
『泡立ちがよく香りも心地よい、
 理想のボディソープです』

mc1806_Tagi_01_06

「仕事ではさまざまな方にお会いするので、ボディソープは常に殺菌成分などが配合されているものを選んでいます。なかでも、このアイテムは体臭予防ができ、洗い心地に加えて香りもよいので体を洗うことが楽しみになりました。自信をもって人と接することができています」と井田さん。
 
《PROFILE》
井田正明さん(スタイリスト)
…カジュアルからフォーマルまで幅広く手がけ、さまざまなファッション誌で活躍。ニオイの対策はもちろん、朝晩のスキンケアも欠かさずおこなう、爽やかなスタイリスト。
 
 
●お問い合わせ先
アジカお客様相談室
TEL 0120・434・877 
http://www.agica.jp/lp/off01/index.html

Photograph / Yuichi Sugita
Composition & Text / Daisuke Fujikura 
Edit / Saori Moriyama

Page Top