2018.03.09

Coca-Cola Is Making an Alcoholic Soda That Could Replace Beer

コカ・コーラが缶チューハイ⁉ ― 世界に先駆け、日本でアルコール飲料を展開!

これは市場的にも、もう一度アルコール入り炭酸飲料を活性化するチャンスかもしれません。

コカ・コーラが缶チューハイ⁉ ― 世界に先駆け、日本でアルコール飲料を展開!

  
約130年以上にもわたるコカ・コーラの歴史で、
初のアルコール飲料の登場となるのか⁉

 2018年初めに、コカ・コーラ社は米国でフルーツ・フレーバーのダイエットコーク5種類を発売しました(ジンジャーライムの味がするダイエットコークも決して悪くないと、私たちは思いました)。今度はそのコカ・コーラ社が、アルコール入りの炭酸飲料を新たに投入し、お酒の分野に進出しようとしています。 
 
 BBCの報道によると、コカ・コーラが新たに発売するアルコール飲料は、日本市場のみの発売となるとのこと。日本では、チューハイの販売量が増え続けています。では、チューハイとは? 日本の皆さんなら、もうご存知かと思います。ですが、実は知らない人もいるかもしれませんね。 
 
 また、外国人に皆さんのために…チューハイとは、焼酎と呼ばれる日本の蒸留酒を使った炭酸飲料のことです。焼酎は、さつまいも・大麦・米といった穀物から作られるお酒。発酵酒である日本酒とは違って、蒸留してつくられます。そして、「焼酎ハイボール」という名称だったものを縮め、「チューハイ」という呼び方で一般化したのでした。 

 
 チューハイはアルコール度数が3〜8%と比較的低く、加えてレモンやグレープフルーツ、桃といった果物の味付けが加えられていることから、お腹に溜まりやすいビールは好きでないものの、それでも軽くお酒を飲みたいという人たちにとって、ちょうどいい代替選択肢となっています。(次ページへつづく) 

1 2

By Sarah Rense on March 7, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE US 原文(English)
 
TRANSLATION BY Hayashi Sakawa
※この翻訳は抄訳です。

編集者:山野井 俊

Page Top