2018.09.07

女子テニス界を一層熱くさせる20歳の妖精

大坂選手の「ノー! いやイエス…」― 全米オープン決勝進出の若きヒロインにほっこり

2018年9月6日(現地時間)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター内アーサー・アッシュ・スタジアムで行われた「全米オープン女子シングルス」準決勝。ここで大坂なおみ選手が、日本初となる決勝進出を果たしました。

大坂選手の「ノー! いやイエス…」― 全米オープン決勝進出の若きヒロインにほっこり
Getty Images

  
Naomi Osaka advance to US Open final 

 大坂なおみ選手をあまり知らない、という方はまず「大坂なおみ選手、わずか20歳で世界大会の頂点に!」で、彼女のこれまでの功績やプロフィールをチェックしてみてください。
 
 2018年3月の時点で世界ランク44位だった大坂選手ですが、同年3月に行われたBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)の女子シングルスでは、2018年9月7日時点でWTAランキング1位のシモナ・ハレプ選手をストレートで下し、決勝進出。そして決勝では、ダリア・カサトキナ選手を2セット連取で圧倒的な勝利で優勝をはたしています。
 
 その後も大坂選手の活躍の勢いがとどまることはなく、WTAランキング19位と好調に登り詰め、女子シングルスでは日本人選手としてはトップの座に輝いているのです。(つづく)

1 2 3 4 5

Photograph / Getty Images
Text & Edit / Mirei Uchihori, Kaz Ogawa

Page Top