2018.04.27

6 Things You Never Knew About Your HIV Risk

「HIVのリスク」について知っておくべき6つの事

知っているようで意外に知らない、「HIV」に関する知識を改めて解説しましょう。

 HIVについて、「自分には十分な知識がある」と思っていませんか? いやその前に、最近ではあまり騒がれていないので、「もう関係ないでしょ!」と高をくくっていたりしていませんか? もしかするとあなたは、間違った自信をもってしまっているかもしれません。 
 
 というのも、学術誌『BMCパブリックヘルス』に掲載された研究によれば、「HIVの感染やAIDSについて調査を受けた2000人の一般人のうち、ほぼ半分が誤った知識をもっていた」という結果が発表されています。さらに付け加えるなら、その間違った知識をもっていたのは女性よりも、男性が多かったそうです。
 
 というわけで今回の記事では、このウィルスに関する正確な知識を改めて身につけてもらいたいと思います。
  
 そもそも、HIVが危険なのは何故なのでしょうか? 
 
 端的に言えば、それはこのウィルスが免疫システムを破壊してしまうからです。米メイヨー・クリニックの感染症専門家であるステイシー・リッザ医師によれば、「HIVは『CD4T』と呼ばれる特別な免疫細胞を殺してしまう」と言います。
 
 「この細胞は、一定数より減少すると様々な感染症やがんにかかりやすくなってしまうのです」とリッザ医師は説明します。治療しないまま放置した場合、HIVはAIDSとして発症します。この病気についても、誰もがかかる可能性はいまだにあるものですので、あらゆる人が正確な知識をもっておくべきなのです。
 
  
>>>それでは、ここからはHIVの感染リスクについて知っておくべきことを6つ解説します。

From Men's Health
BY CASSIE SHORTSLEEVE
APR 24, 2018
 
Translation / Wataru Nakamura 
※この翻訳は抄訳です。 
Edit / Hikaru SATO, Kaz OGAWA

Page Top