2018.06.06

またも自然災害による被災者が…

グアテマラでも火山が噴火。62人もの犠牲者がでた現地での様子

メキシコの南にある中米の国、グアテマラにあるフエゴ火山で16時間以上も噴火が続き、62人もの人々が死亡したと報道されました。2018年6月3日(日)と4日(月)の朝(現地時間)、農村部の住宅に溶岩が流入。住宅や道路は灰の層で覆われたのです。

グアテマラでも火山が噴火。62人もの犠牲者がでた現地での様子
Courtesy of Youtube@PNCdeGuatemala
View Gallery11Photos

 噴火が収まったのち、救助隊はグアテマラ・シティ周辺に住む人々を救うため、溶岩によって焦げてしまった道を歩いて救助に向かいました。すると、多くの人々が家の中に閉じ込められてしまっていたのです。
 
 エル・ロデオ地区に住む男性は、地元メディアの『DCA(Diario de Centro America =ディアリオ・デ・. セントロアメリカ)』にこう語っています。

 
 「灰によって、誰も外に出ることはできなかった。多くの人が(噴火によって)埋葬されしまったのです。私たちは溶岩が流れてくるのを見て、山の斜面まで走りました」と。
  

 

 
 また『CNN』では、「私たちにできたことは家やもち物を捨て、ただ家族と走って逃げることだけでした。噴火が収まって危険ではないと判断されたあと、自分たちの家がどうなっているのかを見に行きました。なにもかもが、なくなっていました」と、複雑な心境を語っています。
  
 グアテマラ国家科学分析協会(Guatemala's National Forensic Sciences Institute)によると、同年同月5日午後(現地時間)までの噴火による死亡者は62人で、そのうち13人は発見されたと発表しています。
 
 今回噴火のあったフエゴ火山は標高12,346フィート(約3.8Km)で、中米で最も活発な火山の一つです。『AP通信』によれば、溶岩は同年同月の3日(日)に摂氏約1300度の温度に達したとのこと。また『CNN』によれば、灰が降った範囲は半径12マイルまで及んだとのことです。
 
 そして被災したグアテマラからは、およそ3000人以上の人々が避難したのでした。
 
  
 グアテマラの大統領ジミー・モラレス氏は、噴火による犠牲者のために、この3日間を喪に服す日と宣言しました。
 
 『ロイター通信』によれば、同年同月4日(月)に火山から危険な岩片とガスが発生し、さらなる噴火が始まったとのこと。また、グアテマラの国立地震学研究所も火山学、気象学、水文学と様々な方面から見ても、「この火山によって、さらなる噴火が起こりうる可能性はまだまだある」と警告しています。
 
 2018年5月上旬にもハワイのキラウエア火山が噴火したばかりで、噴火が相次いでいます。キラウエア火山とは、また違った噴火の様子。そして、現地の人々の様子をこちらでご覧いただけます。 
 
 そして、このたびの噴火で被害にあわれた皆さんに対して、ここで心からお悔やみを申し上げるとともに、「自分たちの身近で起こるかもしれない」という戒めとして心に留めておきましょう。

POPULARMECHANICS(原文:English)
By Kate Storey Jun 5, 2018 
 
Translation / Mirei Uchihori
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Kaz OGAWA,Mirei UCHIHORI

Page Top