2018.05.17

活火山の多いハワイ諸島

ハワイ・キラウエア火山、絶えず噴火する35年史

2018年5月3日に起きたキラウエアの噴火は、崩壊の始まりの序曲に過ぎないのかもしれません。

 まずは2018年5月9日(現地時間)に公開された、Al Jazeera Englishの動画からご覧ください。
 

 
 
 ハワイ諸島のハワイ島を構成する5つの楯状火山(緩やかに傾斜する底面積の広い火山)のうちの一つ、キラウエア火山。
 
 2018年5月3日(木)に噴火が確認され、「Popular Mechanics」に記事では、2018年5月11日に公開された時点で26軒の住宅を含む35棟の建物が崩壊したとの報告がされています。溶岩はビッグアイランドの南東の住宅地へと噴出したそうです。
 
 そして、同年5月9日(米国日時)には「火山活動は8日に停止した」とも一時報じられていたのですが、同年5月16日(現地時間)に再び、キラウエア火山は激しい爆発を起こし、マグニチュード(M)4.4の地震が発生。火口からは、3600メートル超の噴煙が立ち昇り、周辺には大量の火山灰や火山ガスによる被害によって深刻化しているそうです。
 
 さらにUSGS(米地質調査所)によれば、「キラウエア火山では16日にハレマウマウ火口の溶岩湖に、火口壁から岩石が崩れ落ちた影響によって大爆発が発生。この影響により、数百メートル離れた国立公園の駐車場には60センチほどの噴石が飛び散り、さらに降り積もった火山灰の厚さは1センチ近くになった」とのこと。 
 
 また、住宅地のLanipuna Gardens(ラニプナ・ガーデンズ)付近では、地面の亀裂から危険な火山性ガスが発生。すでに避難している住民らに対して、近づかないよう呼び掛けているそうです。また、航空コードを危険度が最も高い「赤」へと引き上げられ、周辺を航行する飛行機に対しても火山灰への警戒を呼びかけています。 
  
 それでは最新(2018年5月16日)の状況を、ハワイ島のトラベルガイドを公開する「Big Island Flow」のFacebookの投稿からご確認ください。
     

  
 このような状態のキラウエア火山ですが、ここで過去を少し振り返ってみました。そしてその記録から推測するに、この噴火はこの先も続くのではないかと予想できるのです…。
  
 ハワイには他にも多くの火山が存在しますが、今回のキラウエア火山は溶岩流や有毒ガスの二酸化硫黄を噴出しており、過去にワシントン州スカマニア郡にあるセント・へレンズ山で起きたような…「急にピークがくるような噴火」の仕方ではなく、広いドーム形状になって流れ出してきている状況です。
 
 そして、今回の活動はいままでの火山のサイクルで記録された61回の噴火の一つにすぎません。実のところ、1983年にキラウエア火山が噴火して以来、連続して噴火してています。米国地質調査研究所によれば、「この火山は、世界でもっとも長く連続して噴火している火山だ」と言います。
 
 そんなわけで、キラウエア火山が過去35年の間にハワイの住民にもたらした被害を皆さんもご確認ください。
 
 
>>>いまもなお活動を続ける
「キラウエア火山」の歴史を振り返る

Esquire(原文:English)
BY LYNDSEY MATTHEWSMAY 17, 2018
 
Translation by Mirei Uchihori
※この翻訳は抄訳です。
Edit / Kaz OGAWA,Mirei Uchihori

Page Top