2018.04.12

【連載】ベストセラー作家・水野敬也の美女とのデートはお洒落が9割

朝ドラ女優・高梨 臨と心の距離を縮める「棒銀作戦」で攻める!【後編】

『夢をかなえるゾウ』シリーズ売り上げ300万部、『人生はニャンとかなる!』シリーズ売り上げ200万部の、人気作家・水野敬也が、自身の最大の弱点「お洒落」に体当たりで臨む企画。日本で活躍する最高峰の美女たちに、水野のお洒落理論は通用するのか⁉
 
 
>>>「棋士好きな大河女優・高梨 臨が人気作家とデート!? 【前編】」の続きです。

「早く中入りましょ! お肉大好きなんです」女優・高梨 臨とのデート必勝法【後編】

今月のお相手・高梨 臨
「棋士好きな大河女優には
カジュアルが効く!?の巻」

 
彼女との心の距離を縮める、
棒銀作戦で攻める!

mc1805_mizu_06_01

高梨 臨さん(女優・モデル)…昨年4月に放送された日本テレビ系ドラマ『恋がヘタでも生きてます』で主役を務めたことでも広く知られる彼女。現在、毎週日曜日20時から絶賛放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』では主演の鈴木亮平と2014年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』以来の共演で話題に。女性誌『and-GIRL』でレギュラーモデルを務めながらも、日々ドラマの撮影に勤しむ。
 
 
 そして、会食当日。恵比寿の隠れ家鉄板焼き「嬋(ぜん)」に到着すると、先に到着していたSが言いました。
 
 「いやあ水野さん、なかなか手持ちの服がなくて……」見ると、Sは上下グレイの服を着ていました。
 
 「どういうことですか?」意味が分からず、首をひねりながらたずねるとSは「何言ってんですか」と笑いながら言いました。
 
 「水野さんが『銀になれ』って言ったんじゃないですか」そういう意味じゃねえ。この作戦にお前のビジュアルは一切関係ねえから!
 
 Sの天然さに唖然とした私ですが、作戦は忘れていなかったと前向きに解釈し、改めて棒銀作戦についてSに伝え始めました。
 
 しかし――「こんにちは」女性の声に振り向くと、そこには予定の時間よりも早く、高梨 臨が立っていたのでした。
 
 もちろん、彼女がテレビで観るより遥かに美しかったこともあるのですが――女優だけじゃなくモデル業もこなす彼女のスタイルは抜群であり、この時点で矢倉囲いどころか万里の長城くらいのハードルの高さを感じることになりました。しかしこのまま立たせておくわけにもいかず、「ど、どうぞ」と彼女に席を勧め、隣に座りました。
 
 (こ、こんな美女と何を話せば良いんだ……)
 
 この時、私の頭の中には摩周湖かってくらいの霧がかかっていたのですが、彼女の口から思いもよらない言葉が飛び出しました。
 
 「『LOVE理論』読みましたよ」
 
 
《次ページ》
編集Sは会話中、絶妙なパスを送ってくれるのか?

1 2 3

高梨 臨さん:トップス3万3000円(エリン) ●お問い合わせ先/シップス 有楽町店 TEL 03・5252・7748 ショートパンツ4万円(ロキト) ●お問い合わせ先/アルピニスム TEL 03・6416・8845 イヤカフ(1つずつ)1万7500円(マユ) ●お問い合わせ先/マユ アトリエ TEL 0422・27・1778 バングル4万3000円(マユ) ●お問い合わせ先/マユ アトリエ TEL 0422・27・1778 バッグ1万8000円(メゾン ヴァンサン) ●お問い合わせ先/フラッパーズ TEL 03・5456・6866

Photograph / Jan Buus(whiteSTOUT) 
Styling / Tatsuya Imai[Keiya Mizuno]、Naomi Takekawa[Rin Takanashi] 
Hair &Make-up / Emiko Shimizu(Maroonbrand)[Rin Takanashi] 
Text / Keiya Mizuno 
Edit / Yasuhiro Sato 
Cooperation / Teppanyaki Zen

Page Top