2018.10.01

史上最大規模の『フェルメール展』を見逃すな!

東京展は日時指定入場制を導入し、長時間の入場待ちを避けて鑑賞できるのもポイントです。

 
フェルメール展

01.jpg

01-2

『牛乳を注ぐ女』1658-1660年頃 アムステルダム国立美術館
Rijksmuseum. Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1908
 
 
 
 2018年10月5日(金)より、いよいよ開催となる『フェルメール展』。
 
 17世紀オランダ黄金時代を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632~1675)が遺した現存作わずか35点(研究者により見解が異なる)のうち、9点が東京に上陸するとあって、早くも話題となっています。これで皆さんも、フェルメールが“光の魔術師”たる所以が目の当たりにできることでしょう、静謐な空間の中に現れる繊細な光の表現を存分に味わってください。
 
 2008年には、東京都美術館で『フェルメール展』が開催されました。このときの展示数は、当時史上最多となる7点が集合。93万人の来場者数を記録しました。今回はそれ以上となるのは必至です。ルーベンスやレンブラントらに比べると遅咲きと言えますが、当時の人々の日常を美しいタッチで描いた風俗画で、1990年代から世界的な人気を獲得しているフェルールの魅力を、ぜひとも自分の目で味わってください。

1 2
Page Top