2018.05.27

The Weird Detail You Might Have Missed About Prince Harry’s Wedding Reception Car

ジャガー「Eタイプ コンセプト ゼロ」、ロイヤルウェディングに登場したそのクルマの秘密に迫る

女王エリザベス2世主催の昼食会を終えたのち、フロッグモア・ハウスへ向かうためにハリー王子夫妻が乗り込んだジャガー「Eタイプ コンセプト ゼロ」は、メーガン・マークルの母国である米国への敬意もあったのかと読み取れます…。

 2018年5月18日にウィンザー城で行われた挙式の後、ハリー王子とメーガン・マークル妃はスタイリッシュな演出披露宴へと向かいました。ハリー王子はタキシード、メーガン妃はステラ マッカートニーの白いドレスへと着替え、2人はビンテージのコンバーチブル、ジャガー 「Eタイプ コンセプト ゼロ」に乗り込んだのでした…。 

 

   
ケンジントン宮殿公式アカウントのツイート: 
「サセックス公爵夫妻はウィンザー城を出発し、フロッグモア・ハウスで行われるウェールズ公(チャールズ皇太子)主催の披露宴に向かいます。乗り込むのはシルバーブルーのジャガー『Eタイプ コンセプト ゼロ』。この自動車はもともと1968年に製造されたものですが、電気自動車に改造されています」 
     
 このコンバーチブル「Eタイプ コンセプト ゼロ」は現在、電気自動車に改造されているのです。
 
 「ロード&トラック」誌によれば、この自動車は「Eタイプ」シリーズ1.5のボディをベースに、コベントリーにあるジャガー・ランドローバーの「クラシック・ワークス」(同ブランドのクラシックカー向けの大規模レストア施設)で、電気自動車への改造を施したものだとのことです。ですが、この自動車には1つだけ妙な点があります。というのも、右ハンドルが一般的な英国向けのモデルとは違い、左ハンドルなのです。 
 
 「デイリー・メール」紙は、このジャガーがもともと海外に輸出するために製造されたものであった可能性を指摘。また、「オート・クラシックス」誌は、このジャガーが以前に米国製V8エンジンを搭載していたという話を伝えています。
 
 つまり、このジャガーはもともと米国向けに作られたもので、このモデルを使ったことにはメーガン妃の母国である米国への敬意を示すという意図も含まれていたのかもしれません。あくまでも推測ですが…。「ロード&トラック」誌のデジタルディレクターを務めるトラヴィス・オクルスキ氏によれば、「ジャガー『Eタイプ』はすべて、イングランドの工場で製造されていた」と言います。 
 
 さらに、「右ハンドルか左ハンドルかはどの国で売られるかによって変えられ、イングランドやオーストラリア、日本向けでは右ハンドル、米国やカナダ、欧州諸国向けには左ハンドルになっていました」と、オクルスキ氏は加えて解説してくれました。また、「ハリー王子とメーガン妃が乗り込んだモデルは『Eタイプ』のシリーズ1.5と呼ばれるもので、米国とカナダでのみで販売されましたものです。そういうわけで左ハンドルなんですね」とオクルスキ氏。 
 
 この様子を見た自動車マニアたちも、この左ハンドルのモデルには言及せずにはいられなかったようです。 
  

  
ツイート内容: 
「待ってくれ、左ハンドルだって? ジャガーのクラシックカー、それもイングランドで。そんなことが許されるのだろうか」 
     

ツイート内容: 
「間違いなく合格点でした。ですが、ハリー王子が乗っていた車のハンドルが、どちらにあったか気づきましたか? 英国車のジャガーであるのに、米国向けに作られたモデルがイングランドで運転されるとは。英国王室ですよ。英国にふさわしい右ハンドルのモデルを見つけられるだけの資源はもっているはずなのに」 
  

ツイート内容: 
「まったく重要なことではありませんが、この英国の王族が運転する英国製のジャガーが、米国のように左ハンドルなのはなぜなのか、誰かわかりますか?」 
 
  
 「ザ・サン」紙によれば、この自動車はレンタカーでこの日のためだけに2人が借りたものだと言います。ちなみに、その価格はなんと35万ポンド(約5200万円)。実際、この車が左ハンドルのモデルであったことは、2人にとってはあまり重要ではなかったのかもしれません…。おそらく使ったのは、挙式の日だけだったのでしょう。 
 
 この車について、もう1点気づかれた方はいましたでしょうか。見逃している人も少なくないのでは? それは自動車のナンバープレート「E190518」です。「その数字は、2人の結婚式の日になっていた」というわけです。
 
 この車は私有地でのみ運転され、公道を走るわけではなかったこともあり、ちょっとした遊び心を発揮したのでしょう。 
 
 今回、そんな話題を集めているジャガー「Eタイプ コンセプト ゼロ」の写真を集めました。ぜひそのレアな姿を、微笑ましいエピソードとともに目に焼きつけておいてください。
 
 
【次ページ:そのクルマは、幸せへの
4つのおまじないを見事にクリアしていた!?】 

By Megan Friedman on May 21, 2018
Photos by Getty Images
ESQUIRE US 原文(English) 
 
TRANSLATION BY Wataru Nakamura
※この翻訳は抄訳です。 
編集者:山野井 俊

Page Top